タグ:二世帯住宅 ( 3 ) タグの人気記事

WEBセミナー 二世帯の間取りのコツ! これを守ると、25年後に将来のあなたから感謝される



by tsekkei_net | 2018-09-04 11:21 | 50家づくりくつろげる間取 | Comments(0)

WEBセミナー 二世帯の間取りは長男が一緒に長女が一緒に、間取りが違うのですよ


by tsekkei_net | 2018-08-31 11:16 | WEBセミナーT設計室の分離発注 | Comments(0)

50歳からの二世帯間取り・スケルトンインフィル 二階 40坪

スケルトンインフィルとは、外壁と大黒柱以外は柱がなくても
構造的や断熱的に性能が変わらない建物型式

家を建てる時
若い世代が20歳から30歳代で家を建てるとき
35年のローンを組む

50代からの家づくり二世帯は
ローンは返済の年令が問題で子供世代まで支払いに関わればいいが
そうで内場合には、現金で建てることになる

間取りは人数で変わるだろう

親世代の同居になれば、夫の親・・妻の親 子供が別に世帯をもつ
すべてが平屋で住めればいいが・・当初は50歳であれば二階に住むことも
十分可能だが・・70歳あたりから身体の調子がわるくなれば
一階で住むことになる

間取りは変わることが前提だから、スケルトンインフィルが前提になるはず

二階にキッチンがあり、それを一階に写すことはそれほど
改修資金が必要でも簡単で
風呂やトイレなども改修費用はそれほどかかることはない
間仕切りはカーテンでもよい場合もあり
自分のその時の体調と相談することになるので、いまは決められないことが多い

完全に二世帯もいいが、親がいなくなったとき
アパートのように貸せばいいと、考えているかたもいるが
散歩でも近くを歩いてもみるといいが
東京などの大都市は除いて
人口が少なくなっている時代に、相続で農家は相続税対策で
アパートを建てている
そのアパートも家賃保証をしている(これも少なくなるので、知っている農家はやらない)
ので建てるアパートは人は入らず
新築の3年から5年はいいが、それ以上だと空室が目につく
そんな人口が減っていく時代に、二世帯住宅の開き部屋に入るかどうか
二足三文の家賃でも、むずかしいかもしれない。

また、折角二世帯で親と同居しても
食事やなにかにつけ、一緒に話さないと
日がな一日テレビをみて一日が終わる・・・ことになると
年令に関係なく認知症がでてくる

人との接触がないと、脳は小さくなり、症状としてあらわれる

特別老人ホームにいれて看護を24時間で依頼するなら二世帯にする必要がない
近くにいて最期を看取るだけという気持ちだけなら
独りで暮らして、食事や洗濯など家事をしていることの方がよっぽどいきいきしている
できれば二世帯で暮らすなら、冷蔵庫はひとつで食品の管理をして
長く暮らすことを目指す家にしてはどうだろう

50歳からの家づくりでは、夫婦別室も一度検討するといいかもしれない
べつに薦めるわけではないが、子造り世代でなければ、一緒にいたいときは
相手のベットにもぐり込めばいいのだから、それほど問題ではない

ベースのスケルトンタイプ・家の大きさは5.46M(3間)x16.38M(9間)
結構大きい家なので敷地も結構いる建ぺい率60%容積率200%の敷地で45坪の広さが
いる
f0057011_962244.jpg


子供室はない(すでに別に世帯をもつか、いない方)客間がある二世帯住宅
エアコンを使わなくても、夏に寝られるエコ住宅タイプ
f0057011_98248.jpg


子供が二人いて夫婦室さらに三世帯住宅
f0057011_9953.jpg


子供が二人いて夫婦別室さらに親世帯がふたつの三世帯住宅
f0057011_9115179.jpg


間仕切りは簡易なので、つけたり、はずしたり、スケルトンにもどることは可能となる

二世帯の間取りのコツを見てみる!

by tsekkei_net | 2017-09-19 09:06 | 50家づくりくつろげる間取 | Comments(0)