エコと家計のお金を節約しなくても少なくなり・夏涼しいくて冬暖かいはまた違う

家を建てる時、補助金に目が釘付けになると

建て主がエコでエネルギーが少なくなると、夏涼しくて冬暖かい家になるのかと

判断しそうでだが、これは違う

難しい言葉で使う一次エネルギーをすうなくする
つまりは、家計の電気代やガス代などエネルギーの支払う料金を少なく設定するには
コツがある

それは、水を少なく使うことである

水は使うと下水料金に倍読みされて家計にひびいてくる

さらに、お湯を少なくする時、水の利用以外に電気ガス代も
少なくなる

お湯を少なくするように生活すると、通常より4倍程度
家計が助かる

でも、普段の生活を我慢して、節約は住む人に負担がかかる

そこで、利用者のデーターから
建築設計者は三つのことに重きを置いている

まずは、お湯は細い管で洗面や台所に直接に配管して
すぐにお湯がでる。待っていて、水を出しっぱなしにして水を捨てることをしない

お風呂など、二段のお風呂で毎日20リットルの水を利用自動敵に節約する

お風呂の水などは、洗濯の水に利用して、水道料金を少なくする
自動的に下水料金も安くなり、トータルで性格の人の
節約なしに、自動的にむだをはぶいている。

細かいことをいえば、風呂のシャワーは手元でスイッチがあり
毎日の風呂の洗浄も少ない水で洗える努力もある

とにかく、太陽光発電より水、お湯を少なく我慢なくつかえる
いえが利用者の負担が少ない家になっているのは間違いない

ホームページはこちら
# by tsekkei_net | 2018-01-29 19:12 | 家づくり初心者の教室 | Comments(0)

分離発注方式という家の建て方

分離発注方式という家の建て方

工務店やハウスメーカーに頼らずに
家を建てる方法として分離発注があります
家の性能をおとさず、インテリアに力をそそぐのは
建築家の力量、それを価格を物流もデザインしながら
家をつくります。
売っているものならKAKAKUドットコムで選んで
通販が安いに決まっています。それを
応用して家つくりに生かします

開催日時 2018 年2月24(土 ) 2月25日 ( 日 )
個別相談
申し込み★お電話ください
場所 T設計室一級建築士事務所
住所 静岡市清水区神田町18-11
電話 054-354-0182
駐車場 あり
ホームページはこちら
# by tsekkei_net | 2018-01-29 11:40 | 分離発注 | Comments(0)

小さな家のつくり方

家を計画するとき、目一杯しきちに建てることは
よくあることです。建てないところは車の駐車スペースで
そこにもカーポートの屋根がかかっていて、物置など置くと
結果、緑もなくさびいしい風情です。

周りの建物に関係なくたてるので
大きなはきだしの窓は、できあがると
あーほかの家に囲われて、日差しは入らない
とか
南側道路に面している窓であれば
完成したあと除かれるのでブロック塀が
つくられて、ラジオ体操ぐらいできる幅はある庭だが
やはりブロック塀が高く、眺望も日差しもないままとなる

小さい家では、間取りで
部屋を6畳から8畳におおきくしても
たしかに二畳大きいのだが室内の壁は
90センチ幅の壁が二枚程度増えるだけなので
家具おけば、さほど変わらないもとの部屋と
さほどは変わらないことになる

間取りを、小さい家風に
家族のいる場所は確保しながら
作り替えてみると、庭が二畳でもできると
木が植わり、道路境ならかるい視線の制御ができて

隣の家境なら、眺望ができる庭ができる
適当に視線をコントロールすると
風も抜けやすく、室内から窓があけられれば
部屋は実際の部屋以上に拡張されたように
感じる。

周りの家の配置も、間取りに織り込むと
家は気持ちよい場所がたくさんできる

T設計室一級建築士事務所のホームページ
# by tsekkei_net | 2018-01-25 10:44 | 家づくり初心者の教室 | Comments(0)

ハレとケの家

家を計画するとき、普段の生活の部分は話題にするとき
日常的でおもしろい話の展開がないので

どうしても、広告宣伝は「晴れの部分」のいいところだけを
説明する

お正月が毎日くるわけではなく
大事なイベントは日常の生活の一部であることを
認識すれば、普段の生活をどうするかという事になる

ただ、日常のことこそ
個人の生活の部分なので、自身で説明するのには
以外と大変なことがわかる

建て主に会った後、建て主の日常を理解するには
家庭訪問をして、持ち物を見せてもらうことで
普段の生活を理解することにしている

家を建てるとき、すべてをビルトインにしてください
という話もよくあるが
今ある服を捨てるはずもなく、その量をみたり
どこに収納しているのかを見るだけでも、人柄や
生活がわかることがもある

外部のものだから
の立場で

普段を生活を敷地の特性を理解して、普段の生活を展開する間取りや
インテリアさらには、防犯など・・

今年も新しい家がたっていく。2月の節分が終わるとまた新しい家の
現場が始まる。

T設計室一級建築士事務所のホームページ
# by tsekkei_net | 2018-01-12 10:11 | 家づくり初心者の教室 | Comments(0)

家の大掃除はどこをやるのか

正月の休みも、スーパーは元旦は休みのようですが
コンビニもやっていて、どこでも普段どうりにお店があいているので
正月休み、年末の掃除も気分はだんだんうすくなるのかもしれませんが
お寺の掃除からはじまった、年末の掃除は家でもやりたいものです。

ではどこを掃除するのか

通り一辺の掃除は、見えるところで手の届かないところまで
できるといいですね

基本的には、外部は雑然としないで、ゴミは捨てるのはいうまでもありません
泥棒は外部にゴミがあったり、張り紙が残って、剥がれている家などを
狙うそうです。
まず外部からですね

内部は床が見えるように、かたづけて、上から掃除することになります。

天井の高い家は、最近はやりだそうで。ハウスメーカーなど
宣伝がおおですが。いざ掃除となると、ランマの硝子大変そうですね
さらに
ホテル住まいやカフェのような家、特に風呂の硝子境やタイルなどは
カビなどの処理を丹念におこないたいですよね

簡単で50度のお湯を一定時間そそぐだけで、カビ取りの効果があるそうですが
すでにかびているところは、エタノールなどで菌をころして目地を塗る作業も必要
ですね。天井は上に注意が必要です

また風呂は髪の毛が目皿のトラップにはいってます。

女性が多いと、目皿は頻繁に髪の毛をとらないと、排水性能が落ちます
音もするかもしれません。

外部の点検口があります。30センチくらい大きいものですが
あけて、内部の石鹸と髪の毛が混合している、白い塊がありますから
取りの除いてください。

大掃除に習慣ずけておくと、良く1年排水が良くなるはずです。

キッチンの排水や洗濯の排水など、石鹸をつかう場所の排水は
みな大きな30センチくらいのマスがあります。

ここは掃除してくださいね

では良い年をお迎えください。

来年の個別相談会はお電話で御連絡ください
HPはこちらです。
# by tsekkei_net | 2017-12-28 11:00 | 家づくり初心者の教室 | Comments(0)