耐震だとどんな地震も大丈夫?

耐震だとどんな地震も大丈夫?

建築基準法は災害のたびに補塡されてきた
大災害(例えば、伊勢湾台風、阪神淡路地震ほか)
大災害があると

被害があってから、こりゃ大変だと
被害の大きいところを次回でないようにして
基準を雑巾のボロツギのようにつくるため

災害のあとにどんどん耐震の性能はあがっていく

ここが大事なのだが、最初に作った基準程度の家は
別段問題がないので・・
災害がない場所では
新しい基準で作り直すわけにはいかず・・ダブルスタンダートになる

古い基準でも大丈夫
そして
新しい基準でも大丈夫


地震がくるぞという、イソップの笛吹きのような営業も重なり

地震予測はどんどん脅してくる。東海地震さらに拡張して東海関西までの地域
地震予測
1987年から地震を計測して予測をだしているが

当たったためしは
1000回志望被害があった地震をいまだ一度も予測があたったことはなく
30年観測して一度も当たらない・・これは当たらないのではないかと
疑問視するひともいるが、当該の大学の先生はイソップの笛を吹き続ける

せんころには地震は九州では起こらないという熊本地震があり
本震が続いておこるという、未知数のことが重なった

どんどん大きくなる地震
自然は未知数だという事になる

どの辺をとるかで設計者の耐震も変わることになるのだが
補助金がありチェックがあるからお得だという事はあながち
どんな地震がきても大丈夫だという事ではないことはわかる

ベテランの構造の設計者にそのところを聞くと
明快で、地震がきても、明快な木組み
合理的な木組み・・きれいに910センチに並ぶ梁と柱は
美しいだけでなく、耐震的でもあるという訳だ
さらに
地上は合理的に柱が一階二階と同じ位置にあることを
推奨する
そして基礎はコンクリートが必須であり
2間(3.6m)で基礎梁をいれて井桁のような基礎を
つくれという

どんな丈夫でも基礎が傾斜すると、家は曲がる
地盤の対応に井桁基礎が、未知数の自然と向き合うと時
大事だと一番にとく

そして梁や柱が見える、表し工法の家

これだと、万が一
万が一に未知数の地震がきて梁や柱が破損しても目で見て
直すことができる
これを推奨するのだ

長い期間にたった、日本の家はたしかに梁や柱が見える構造になっている

表し工法が得意な設計事務所のホームページ
# by tsekkei_net | 2018-03-05 11:55 | 同居する家づくり | Comments(0)

あたらしい家に移るとき、マンションと戸建て住宅なにがちがうのか

家を建てる時、マンションと戸建て住宅とどちらがいいのだろう

タワーマンションが東京湾のまわりにあるが
湾が見渡せれば、絶景だろう
静岡ならタワーマンションはないが
富士山を毎日見るのは、家を選ぶ時のこだわりにもなる
内装も新しく、新築であれば両方とも快適なはずである

マンションになく
戸建ての魅力ってなんだろう

マンションではスチール戸一枚で内部は
一切ほかからは干渉されない空間
反対にいえば、一人で暮らす人は孤独死をしていても
訪ねてくる人がいなければ、いつまでも分からないことになる

戸建てあれば、町内の人が見える
今も、事務所の前は小春びよりで、幼稚園の園児が母親や父親と
と手をつないで、ゾロゾロと歩いている
こちらを見ているのは、私ではなく、事務所を見ているのだろうが
目があうものである
最後尾には園児の先生がいて、たまたま
当社で家を建ててくれた先生だったので、窓をあけて
挨拶を交わした

こんなことが戸建てだとあるのだる

町内の人とのお付き合い・・面倒だという人もいるが

家に残した老人が一人になるときには、旅行の前など
挨拶しておけば、旅行中には声をかけてくれる

遠い親戚より近くの隣人の方がよっぽど親身だ
という事で毎日が送れる

この近い隣人の関係などが、年月を経るときに
活力となる。一人暮らしでも元気にスーパーに通う老人

なぜか道で横になっている人がいれば、あの人は何々の
迎えの鈴木さんだとすぐに分かる。どうするかあちこち
人が集まり、車椅子で送られていった。(病気でなくてよかった)

そんな近くの隣人関係が戸建てにはあるのである

家を作ったら、大概、長い年月は暮らすことになる
最初は家族がいても、二人になり、一人になり
それでも、一人でも暮らせるのは、戸建て住宅がいいのかもしれない

普通の生活ができることが、健康の秘訣で
なぜかコンビニ弁当ばかりで一人暮らしのマンション暮らしが悪いわけではないが
効率ばかり注意を払い
結果、糖尿だとなげく友人が多いのは、あながち
戸建て暮らしとマンションの暮らしの生活が影響しているのかもしれない

長く健康に暮らす家それな工夫があることが、戸建て住宅の秘訣かもしれない

ならば同居する二世帯ならば、入り口が別でアパートみたいでなく
多少相手の気配が分かるくらいに緩く生活が重なるくらいの方が
健康に長く暮らせる家になるのではないかと思う

健康に長く暮らせる戸建て住宅のホームページ
# by tsekkei_net | 2018-03-03 10:59 | 同居する家づくり | Comments(0)

段差と温度変化のないバリアーフリーその二

段差と温度変化のないバリアーフリーその二
体感する温度は室内の空気と室内の壁、天井、床などの温度の平均値となる

むずかしそうだが、
寒い冬の日、室内が寒いので、ファンヒーターをどんどん利用する
手を天井にあげると、上方はあたたかいのに、足下のくるぶし当たりは
スースーするこんな経験をすることがある

部屋の中で、暖房時に天井は暖かいのだが、床が寒いさらに
人がいる当たりの高さの空気も暖かくない・・室内の温度の差があると

寒く、不快に感じる

畳などに寝ていて、床あたりが乾燥している
なんてのも、天井に暖かい空気があがり、床に冷たい空気がある証拠でもある

さらに、暖房している居間や食堂はいいが
廊下や、洗面所、風呂やトイレなどは暖房をしないで冷たい・・当たり前のようだが
家のなかで、温度の差があるのも、寒くて不快なのだ

家全体を暖房する

それじゃ、燃料代がかかりすぎる・・だから外壁など断熱化をして
家全体を暖めるが、暖房費用は上がらない工夫が必要になるわけだ

昔の木の家は、これができていなかった。

また孫や子供達は発熱が多く
同じ室温でも暑く感じることもある
その時はシニアが一枚上着を羽織るなんてことで
一緒に暮らす

木の家は寒いと昔の家でなく
暖かい家というより寒くない木造住宅が同居する家づくりにはちょうどよい


ちょうどよい木の家のホームページはこちら
# by tsekkei_net | 2018-03-02 09:39 | 同居する家づくり | Comments(0)

段差と温度差のないバリアーフリー

同居する時、温度と段差のないバリアーフリーがおすすめとなる

玄関も、下靴を脱いで上がるとき、敷居など段差があるが
それがなくても、別にかまわない
ただ、外部の人が入る時には、なにか色分けなどの
結界(しるし)があればいい

二世帯の玄関でなんどか
タイルにして、段差のない玄関をつくった

靴の脱ぎ変えも平らなところなので
問題がない

アプローチによくあるスロープを
将来にむけてつくる若い施主もいるが
スロープならいいわけでなく、
パーキンソン病のように下をむいて、小さい歩幅で歩く
人にはスロープは不向きのようだ

シニアの症状は、その人によることが多く
一般的にと、対処する手すりなどは
子供の背丈にちょうどあたるのか
走るたびに、頭をうっている家もある

万が一にそなえる、ことは大事だが
その時に処理することで、個人の症状に
対処する
それまでは、健常者なので、
普通に暮らす
これが、よさそうだ

そんな暮らしの工夫のHPはこちら
# by tsekkei_net | 2018-02-28 18:36 | 同居する家づくり | Comments(0)

やっちまったかのデザイン

散歩の通り道に見渡すと
ハウスメーカーのデザインハウスほど普通の家で特徴がなく
建て売りの家の屋上ガーデンがないだけ・・というパターンが多い

なぜ、建て売りだけ
屋上ガーデンがあるのか・・お得感か減点方式で家を見ているからだと想像する
家のパーツをメニューとして天こ盛りで家を作ろうと思うと
それがついてないと減点する・・

ではなぜハウスメーカーにはついていないか
実際住むと分かるが
屋上でパーティをする?、他人が入ってくるので、家中掃除が必要・・これは面倒くさい
屋上でプライバシーがある椅子に座る?夜以外自分の時間がないことがわかる
さらに放置した屋上の家具は時間がたち老朽化するか台風がきたあとには置くことできないと分かる
ハウスメーカーは営業マンが説明を対面で説明ができるので
使えない部分だからお金をかけるのをやめましょうと話ができるから・・
そんな理由だろう


散歩途中で最近、ハウスメーカーのデザインハウスが普通でない家をみつけた。
バルコニーがなく、店舗のはめ殺しの前面窓
台風対策のガラスの方立てが外にあり、内部からはすっきりと見えるはずだが・・
見てすぐに、設計者だと、すぐに、やっちまったかのデザインだと気がつく
これは静岡市清水ではNGだ

なぜなら、春・秋さらには冬にも晴天が多く
はめ殺しのだかい窓では、室内はオーバーヒートになること請け合い
夏だけでなく、春、秋でも天気がいい日中は30度をかるく超えるはず・・

隣とは一風かわったデザインではあるが・・窓としては清水では最低の窓

やっちまったかのデザインは、エアコン頼りだから、ガラガラエアコンを回しても
、暖房をつけながら
一年中冷房することになる。その暖房もそれが数台の規模だからはんぱじゃない

一年目は
グリーンカーテンを思い出して、ゴーヤを植えるかもしれない
数年たつと
一年中暑いので、
・・薄いネットをかけるのが最良だと気がつくはずだが・・

最初からボタンかけが違うので、いつまでたっても、太陽は部屋を暑くするので
家としての条件を店舗に読み替えてしまった
やっちまったかのデザインになる
# by tsekkei_net | 2018-02-27 10:18 | 家づくり初心者の教室 | Comments(0)