リフォームするかそれともリノベイトか?

改修するとき、設備機器(トイレ・キッチン・風呂・洗面)などのパーツを
交換することを、リフォームという
同じ間取りで設備機器が新しくなり、もちろん壁や天井などは壁紙などは
張り直す。中古のアパートに新しく入ることだと、思うと簡単に思いができる

住んでいる場合はまだいいが、使ってない家や別荘のだと
水など赤さびがでたり、20年以上たった家では配線も漏電の危険もあるので
古い亜鉛管の水道は取り替えた方がいい
これをしないと、設備はあたらしくなったが、料理の味が上がらなくなる
ただ
敷地内の配管を全部交換する必要があるので、金額は20万円から30万円あがるだろうが
工事に含めた方がいい

また床はどうだろう、合板に木を貼り付けた床材は20年を超えると
ノリがきかなくなる(ショウヌケルと読んでいるが、床がブカブカすること)
この場合は解体してとると金がかかるので、アパートなどローコストの改修なら
ビニールのシートを貼り付けることになる。木がお好みであれば、今ある床に
解体せずに上に無垢の木をはりつけることがコストパフォーマンス的には高い
さらに一階の和室は問題で、床下が外部と同じふきはなしなので、杉板の隙間から
冷たい風がはいってくるここだけは、杉板かわりに合板をはって冷たい風が
入らぬ工夫がひつようになる

さらに耐震も改善するのであれば、あちこち土台からの作業が必要になるので
思い切って、間取りを変える事を意識して解体作業をすると
柱梁などをあわらにして工事をすすめることができ耐震性能や断熱性能が
ぐーんと向上する。コストはかかるがコストパフォーマンスが高くなる
一階に住むと限定すれば、二階は手をつけない工夫もある

さらに一階を将来の為に使うのなら、間取りの工夫を付け加えたらどうだろう
使わない南側の部屋の和室などは
食堂にかえる、一階に寝室も設置することができると
中古だけど、カスタマイズした平屋住まいの家になる

たて込んだ敷地で日当たりが悪い中古住宅なら
二階をリビングにして、一階を寝室に使うと
朝食の時日差しが入りやすく、一階に壁が増えるので
耐震性能もあがる

将来年をとったとき心配される方もいるが
寝室の横にトイレがある方が便利ななずで、
二階に上がれなくなるくらい年齢になるには
70歳あたりはケアーがいるだろうが
それまでにもう一度ライフスタイルが変わるはずなので
その時まで生活を楽しむのならと割り切ることが
好結果を生む

屋根外壁基礎は手を入れると、壊して新築した方が・・と
値段があがるので、ここは手をつけないで
内部の処理に重点を置くことをおすすめする

リノベイトの実例はホームページで
# by tsekkei_net | 2018-03-22 10:03 | リフォームかリノベイトか? | Comments(0)

樹木を庭につくる

家をつくるとき、ただ間取りを考えると、樹木の場所など
なくなってしまう

道沿いにたつ、新築も駐車スペースはミナあるが
車をおいてみると、樹木は余った場所があればいいほうで
優先順位はずいぶん低いのかもしれない

窓を明るくと・・大きくするのはいいのだが
そこから見える風景を作ろうと苦心するとき
やはり、樹木はぜひに計画したい

花の色の風情で選ぶものや
枝振りで選ぶ樹木
とかく人に視線を遮断するためだけに
植えるものもあるが、風や匂いさらには
窓から見る一服の風景画のようになるには
方位などに置く不向きなどもある

雑木でもよいので、ぜひ計画にいれて
建て主が世話をしてくれると
家並が一段と歩く人から好感がもたれるはずである

樹木のデザインにいれる建築設計のホームページ
# by tsekkei_net | 2018-03-14 13:20 | 同居する家づくり | Comments(0)

家のエネルギーコスト

東日本の地震から7年がすぎた
戦後の世界大戦・関東大震災など、被災が大きいほど
野原のようになった日本から再生していった

野原のようだから、世界で一番最新の設備やビルを
大量につくり、復興のあしがかりとして、再生していった

東日本ではまだ野原がめだつ
最新で世界に通用する町にリードする
政界財界が誘導がきいていないのかもしれない

原発も爆発して、原発のコストが安いわけでなく
万が一で被災する原発は再生にコストが非常に分かることになり

この原発の被災から、エネルギーを輸入している日本では
ガスや電気や自然エネルギー(太陽光など)を同じ単位で
使うエネルギーコストに縛りをかけはじめた
効率の悪い暖房や冷房さらには、照明などを
順次効率のよい製品に変えて、トータルでエネルギーコストを
おさえよるようになった

エネルギーのコスト効率の悪い建物・・たとえば
コンクリート打ち放しの家は2020年からは建てられなくなるのだ

実際に住んでいる人によると
かっこはいいが、父が建築家で斬新な打ち放しに住む
息子に話しを聞くと、冬には東京なのだが室内でコートを着ないと寒くてたまらない
石油ストーブなど焚けば、結露してカビだらけになるので
それもできない
ここで、頭がいいと湯暖房のパネルなどして床から輻射暖房で暖めることを
すれば、いいはずなのだが・・金はかかることになる
エネルギー的に浪費として判断されると、お金をさらにかけて
断熱効果のある打ち放しをつくるか、違う方法を選択することになる
現在では暖房方式と断熱などの数値で効率の悪いたてものは建てられない縛りで
将来は打ち放しだけでは希望しても新築では建てられなくなることになる。

マンションなど改修するとき、スケルトンがコスト的にも見てくれも天井高さがとれるので
わざとコンクリートを見せることも多い。、改修では、コスト削減もあり
見た目から入ると
かえってふえるのかもしれない

ただ住宅なので、カフェのように、ホテルのように
暮らすインテリアも雑誌のタイトルにあるが、お手伝いに掃除をしてもらうと
快適なのだろうが・・自分でメンテもする人は、家は家としての性能として
暮らすような家をつくる方が、満足が多いはずである。

若いときだけ住んで、年齢を重ねたら、売るか、また家を作る人が問題がないが・・

家は家としての性能がしっかりしている方が、長く住むことを考えると
費用効果が大きいはずである。
しっかりと考える家 のホームページ
# by tsekkei_net | 2018-03-13 14:33 | 同居する家づくり | Comments(0)

親の病とつきあう

同居するということは、親の病ともつきあうことになる

高血圧程度なら、自分で病院で検診もできるが
糖尿などあれば、気おつけないと壊疽になり足の切断もある
倒れて骨折で動けなくなるとか
床につくと、認知の問題がでてくる
直っても、徘徊がでてくると、施設へ預けられて 流動食になり
口から食べないと、急激に健康はおちてくる

これをさけるには、日常の生活をすることになる
入浴や食事などの料理や人としゃべることが肝心で
家でテレビばかりみていると、やはり認知がしだいにでてきてヘンコになるので
適当に外にも出歩くことが必要になる

健康だと思っても、風もひきやすい・・子供と一緒で
家族が目をかけること
必要なら手をだすが、そうでなければ、ほっておく

この辺の案配ができるのは

家だからできることになる。 屋敷が広ければ 別棟も考えられるが
雨の日にも夜でも、目をかけるとなると
同じ屋根の下に住むのがこしたことはない

色々考える同居の家のホームページ
# by tsekkei_net | 2018-03-09 09:11 | 同居する家づくり | Comments(0)

車を住宅ローンで借りれる?

その昔、ローンを借りるとき、ちょっと多くしておいて
車も手に入れました。なんて話は、50年も前なら
聞く話だが、いまでは御法度になっている

銀行なども、支払いがパンパンで貸せません
または焦げ付いたことがある(支払いが滞った)ことがあると
残っているので、信用会社から記録がのこってしまっていると
借りられないこともあるが・・

車なら60回のローン・・つまり5年で
返済する仕組みになっている、融資を使えといわれるはずである

住宅ローンは最高35年の返済でこれで
車まで買ってしまうと、10年か15年 20年も乗れば
車だと優秀なのだろうが、住宅ローンは使えなくなった
あと20年のってもあと35年だとあと15年使わない車のローンを支払わなければいけなくなる

車は税務上の償却(税務上の価値がゼロになる)されるまでに
返済してしまおうとするもの

それなら、家電たとえば洗濯機を住宅ローンで買うと
同じように20年つかってもまだ・・・使わない洗濯機に
あと15年利子を払うことになる。まあモーターの回るものは10年から15年
たくさん使っても20年は使えない気もするが・・

家電や車は住宅ローンでなく、別な支払いで購入する必要がありそうだ


いろいろな相談できます
ホームページはこちら
# by tsekkei_net | 2018-03-08 14:51 | 家づくり初心者の教室 | Comments(0)