すのこの庭

庭には、よくすのこを造り、出やすいようにしている
はきだしの窓の向こうにスノコをつくるのは、
何も工夫がなければ、42センチ程度、食堂の椅子の座面の高さくらいが
庭から部屋までの高さになる

出入りが
段差が少なく出やすくすることもある

また
スノコで庭に日陰ができ、冷たい風を送り込むことにもなっている

材料は最近くさらないプラスチックの材料のもあるが
高額で、木材なら1/3の工事費でできる

プラスチックだと、永久にメンテナンスがなく
よさそうだが、実際は、メンテができない
化学的にも塩素結合があると、太陽光で
硬化していく、10年以上たつとポキッと割れるように
なるのである
どんなものでも
長年には耐用年数がくる
さらに
プラスチックが一番よくないと思うのが
真夏には、太陽の光で暑くて、裸足では乗れないことになる
真夏も使いたいので、スノコには木材が適していると思う

ただ、DIYで売っている、ツーバーの材料は
乾燥していていいのだが、すのこに使うとかいてあるが
北米産の材料は耐光性とシロアリにめっぽう弱い

一年たらずで、使えなくなるので使わない

木材を知っている人なら口を合わせていう

杉の芯材(あかみと呼ばれる赤いところ)が最適だと
考える
シロアリには、水が切れることが木材に大事なのだが
この工夫があれば、無塗装でも問題がない
雨の工夫は大引きと呼ばれる
スノコの下の材に工夫がいる

しばらくおくと、角材に亀裂が発生する
その亀裂から水が入ると、一段と腐りやすくなる
特に角材の上の面に亀裂が発生すると
雨のたびに水が入り、腐る原因になるので
角材の上面に防水テープを貼る工夫をする
そうすることで、耐用年数はぐーと延びる
上のすのこが腐るまでもつことになる

ビスも大事でステンレスのスノコ専用ビスを使う
下から止める設計者もいるが、上からの方が
万が一はずす事があるときに、床下にもぐる手間が
必要ないので、上から止めている。

家のパーツは取り替えがきくことが
長持ちをさせることになる。

簡単なようにつくることができると
修理も簡単で
ブラックボックスのような機械にたよると
修理できずに、全部取り替えになることは
携帯や電気製品の修理をやったことがあるひとなら
直感でわかるだろう

長くもつ家をつくるT設計室一級建築士事務所のホームページ
# by tsekkei_net | 2018-05-16 09:53 | 夏の過ごし方 | Comments(0)

夏のすごしかた

夏が来るとわくわくしますね

我が家は、5月に、すだれが付き
6月に夏障子がはいり、セミの声が
聞こえれば夏まっさかりになります

さて、エアコンを使わないで暮らす
家を作っていますが、
窓を作るだけでなく、住まい手の方の
理解と操作が必要です

むずかしい事はありません

窓を開けたり、閉めたりするだけです。

もしも、家具などで窓が開閉しずらい
部屋があると、それだけで
夏のすごしかたが変わってしまいます。

本格的な夏が来る前に、五月晴れの下
で部屋の模様替えがいいかもしれません

エアコンを使わない・・暮らしというと
昔の家
京都などありますが
京都の住宅は火災などで、一番古くて
大正時代でしょうか

夏になると、8月の末に開放して
見せてくれます。試しに訪ねるといいのですが
昔の家は、盆地の京都の暑さをさけるのに
窓がない和室があります
入ると、いったん暗視効果で回りが見えなくなる
くらに暗い部屋ですが、ひんやりとして
外から入ると、すずしいのが分かります。

夜に放射冷却の冷たい空気を閉じ込めて
住まい昔の家の工夫だろうです

他には細長い家の奥に中庭があり、二つの庭の
高低差を利用して風を発生させて
(たいした風ではないのですが)
風にそよぎ、掛け物が動くことで風を感じるなんて
のもありますが、京都の夏は夏障子と
床にしきつめた、竹の敷物がすずしげです。

現代の家でも、夏の暮らしを
暮らし方で変えられること

あるんですね、窓の開け閉めですね

真夏には、静岡県はたいがい南に駿河湾がありますから
南から風がふきます。
しかし、道路などあるとこの風は熱風です。
ですから、真昼にはこの熱風は部屋にいれないで
朝には開けて、昼には閉めることでも
涼しさが体感できます

東や西に窓があれば、そこから風を入れると
日陰からの風で涼しさが体感できます。

二階立てや、三階立ての家では
階段の最上階の北側の窓をあけて
一階の日陰になる窓をあけると
(防犯がゆるすところ)
煙突効果で吸い上げた冷たい空気が
家を周ります。
うそみたいですが・・時間帯とあける窓
閉める窓で、夏のすごしかたが変わるのです

こういうのは、小学生や中学生に学校で
教えると、夏の家が涼しいかもしれません

夏涼しい家T設計室一級建築士事務所のホームページ
# by tsekkei_net | 2018-05-15 14:35 | 小さな素敵な我が家の作り方 | Comments(0)

すだれの選び方

気持ちよい暮らし
エアコンにたより、暮らす家もいいのですが
季節ごとに少し工夫すると、エネルギーでの電気代も少ないですし
日々の暮らしがゆたかになります。

すだれについて
家は冬は日差しを窓から十分にいれたいところですが
夏は反対に日差しを入れると、冷房をかけている部屋で
暖房がかかるような状況です
これを回避するには、太陽の日差しをいれないことです。

西日が強く、大きな西側の出窓に黒いネットがはってある
家がありますが。1m1.6mの窓だと
夏には、2200Wのエアコンを暖房をかけている状態ですから
大変な暑さですね・・すだれなどは効果的です。

窓ではサッシメーカーがだしている、タープなどの既成品もありますが
南京すだれを使っています。毎年新しくしますが、安いのでたいした
出費ではありません。去年のものをつかってもよいのですが、
凜とした気持ちで暮らす夏にしたいので、なるべく毎年買い換えています。

庇の下に「真中よーと」を軒の天井の筋(下地があるので)そこを狙って
止めます。
f0057011_1158762.jpg

すだれは「はきだし窓」にはH180センチ 普通の窓だとH90センチからH150センチを使います
かけ方は
麻の縄を直径10センチ程度に丸をつくり、すだれの上の竹にかけるように欠いてある
部分に丸をつくってかた輪を引っかけて止めます。・・とりはずしが楽なようにです。
f0057011_11584217.jpg

すだれは11月ぐらいまで使いますが、雨の時は巻き上げ、大勇の時は一時とりはずします
その為に使います。

また巻き上げるのに使うために、直径30センチ程度の麻縄をつくり天井につする時に
たらしておきます。
f0057011_11591145.jpg

風が強い雨の時など巻き上げるのに使います
f0057011_1213186.jpg

また日差しが強くない時、二つおりにすだれを
使う時にも使います。
f0057011_1225730.jpg


毎年使うものですが、土に戻るものです
夏の恒例として使うと、毎年夏の風情を楽しめる家になります。

T設計室一級建築士事務所のホームページ
# by tsekkei_net | 2018-05-14 11:59 | 気持ちいい暮らし | Comments(0)

風のデザインその二

窓はたくさんあった方がいいと
やたら壁に大きな窓をあけると
収納する為の家具などがじゃまをして
窓は開かなくなる

光だけなら、窓は開けなくてもいいのだが
風を通すことで、寒くない家ができる
外気は暖かいのだから、開けることで
必要な時には、まどをあける
雨が降り、寒いと感じれば閉める
普通の事なんだが・・これができかどうか

間取りでなく、窓の外の問題と
内部の家具など収納の問題がある

外では窓が隣の窓と近いとか、道路から
歩いているひとが、内部をのぞける状態では
開けることは、当然できない
頑固な目隠しをつくるか
レースのカーテンをしても、開ければ内部が
見通せるので開けなくなるのだ

また内部の家具で、ロックなどに手が届かない
奥行きのある家具が前にあり、背丈などがたりなくなり
手は届くが開けるまでの余裕がない時も
窓は開くことはない

気持ちよく、開けてもプライバシーが守れて
簡単にあく、さらには、開けると気持ちが
いいので、建て主が週間であけてくれること

これからそろわないと、窓は使われないことになる

使いやすいを考えるT設計室一級建築士事務所のホームページ
# by tsekkei_net | 2018-05-11 06:40 | 家づくり初心者の教室 | Comments(0)

風のデザイン

気持ちよい風を室内にいれるとき、
部屋の二カ所に窓があるとよいことがわかっている

通常は、春や秋・・また夏に風が欲しいのだから
場所によって風の方向は分かってくる
静岡市ならば、昼は南方向、夜は北方向になる

エアコンで冷房を考えている場合は窓は問題がないが
涼風を機械で入れなるとなると
工夫がいる。

吹いこむ風、自然を利用しなければいけない。

また屋根の形、窓の位置も考えることが必要になる

冷たい風がほしければ、冷たい空気は下の方にあるからだ

上には空気が抜けていき、下を開けておくことで
冷たい空気がはいってくる。

ただ風が抜けるだけでなく、どういれたらよいのか
考えることが必要になる

むずかしい事はないが、真夏に南側の道路には
熱気がむんむんしている。できればそちらの窓は
閉じていると熱気がはいらぬ分だけ
部屋は快適になる
そういっても、これも湿気があるので
その気温が27度か28度程度だと、統計がある

室内を涼風にたもつには、熱気をいれずに、冷たい空気が
どこにあるのか、それを入れるという工夫が必要になる

自然を生かすT設計室一級建築士事務所のホームページ
# by tsekkei_net | 2018-05-10 19:36 | 家づくり初心者の教室 | Comments(0)