カテゴリ:介護住宅( 5 )

二世帯住宅 建前と実際

二世帯住宅や終のすみかなど
シニアの立て替えで、本当にそうなのか
首をひねることがときどきある

風呂は洗い場を大きく→ 在宅で風呂をいれる時便利
車椅子が通れる廊下→車椅子の生活をしても大丈夫なように
和室の座卓で食事をしたい→いまと同じ生活が・・
食事はキヨスクのようなカウンターで→運ぶのが面倒 一人で簡単に済ませる
などなど

確かに、ガイドブックにはそう書いてある
風呂は洗い場を大きく→ 年寄りが年寄りを自宅でいれることはできない・外部で風呂にはいる
車椅子が通れる廊下→夜中にだれも車椅子を押してはくれない。トイレに何度も隣の人を起こせない
和室の座卓で食事をしたい→80歳をすぎるとがぜんと膝が痛くなり床に座れなくなる。
食事はキヨスクのようなカウンターで→一人では調理もしなくなる。同居しているなら皆と食べる
ことで、食事が定期的にできるはず・・などなど

建前とホンネのように
要望だと正直につくると5年もたたずに、不便か孤独になっていくかもしれない

今は聞こえないが、将来の生活に役立つように
考えることが、介護住宅になる

介護住宅を考えるホームページ T設計室一級建築士事務所
by tsekkei_net | 2018-05-09 09:16 | 介護住宅 | Comments(0)

「風呂と玄関はひとつにして」

「風呂と玄関はひとつにして」二世帯の家
ケアーの仕事をしていた若い奥さんからの家の希望だった

風呂が一番家の中で事故が多いところ
さらに、玄関を管理しておけば、認知になり
外にでるときに、ケアーができる配慮だと思った

他の家で、認知になった家族から
外から鍵をかけて、でられないようにするには・・
と相談も受けたこともあるが

認知で外に出歩き始めると、閉じ込めておくわけにもいかない
施設にあずける動機ずけにもなる

特に小さい子供が同居している二世帯では
なおさらに玄関を管理する目が届かなくなる

この時、自分も母親と同居で、まだらに
記憶がなくなるが・・自由に外にいくことを症例している
閉じ込めていて、テレビを一日見ている時間が
なにか、痴呆を薦めているような印象もうける

「認知は水でなおる」本を書いたのは
内科医の竹内孝仁さん
体内の水がなくなると、認知と同じ症状がでる
水を飲ますことをすれば、認知を直せるんだと
医者はこのことを知っているが
商売なのか、薬を処方したがる
水ではもうからないかもしれない

風呂で事故が多いのは事実だが
水をあつかう家事や風呂の掃除など
普段の仕事で水をあつかうことを
シャキシャキとやっていると
本人は痴呆になることもなく
生活しているおばーさんが、近くに
たくさんいる

痴呆は止められないかもしれないが
普段の生活をすることで
しっかりした生活ができる

そうならば、介護二世帯も
できることは自立してできるような
間取りにしたい

T設計室一級建築士事務所ほホームページ
by tsekkei_net | 2018-05-08 07:55 | 介護住宅 | Comments(0)

輻射暖房という選択

暖房と言えば、灯油ファンヒーター
冷房と言えば、エアコン 
二つとも、利用するコストが安いから、または、皆が使っているから・・
理由はいろいろありますが
年齢を重ねると、灯油ファンの20キロのポリタンクは面倒だとか
エアコンも体感を重視して温度計をみないと、熱中症にかかってしまうこともある
つまりは、ずーと一日中つけていれば、いいのですが
出歩くときは、電灯のようにこまめに消してしまいますね
つけっぱなしの
セントラルヒーティングという選択もありますが
冷房はやはり、エアコンです。あたる風がいやだという方もいます

灯油ファン+エアコン以外の選択とすると

最近あるのがエアコンの屋外機を使った
輻射冷暖房・・カーボンのパイプにエアコンの屋外機から
冷水か温水を循環させて、空気を伝わってでなく
伝熱の一種で、熱が電磁波として運ばれる現象

床暖房も同じカーボンを電気か温水で暖めて
その電磁波で人を暖めるものですから
その構造が垂直に自立している感じでしょうか

風が吹くわけでなく、暖房はほかほかと暖かく
冷房はひんやりとするはずです。

注意することは、輻射の電磁波はレイザービームのように
まっすぐにしか届かないから、曲がった部屋の先までは届かないこと
さらには、性能の距離の二乗で減衰をするので、あまり遠方でも
むずかしいのが難点です
一時は天井にパイプを回して、冷温水を流して
天井から輻射をする方法がおもでした。

きおつけないと、夏に冷水でカビがはえるので
この辺の具合がよければ、冷暖房として
小さい子供さんやシニアの方には薦めたい冷暖房方式のひとつです。




by tsekkei_net | 2018-05-02 15:00 | 介護住宅 | Comments(0)

ファンヒーター燃料費用が安いのだが、眠くなるのは理由がある

寒くなると、暖房器具を出すことになる
燃料が安いのが、灯油、ガス(都市ガス)、電気(デロンギなどエアコンは除く)
の順になる。

よくあるのが、炬燵だが、膝がいたくなると
冬には登場しなくなる。炬燵にミカンがあると、団欒が思い浮かぶので
茶の間にはこの風景が似合う。

きおつけたいのが、灯油を使うファンヒーターで
室内に燃焼した空気がでてくるので、開放型ストーブと呼ばれている

使うとき、よくウトウトする。温かいからかなと思うと
燃焼空気のCO2のガス濃度が高くなるからウトウトする

大丈夫だと大概の人が思うのだが、そんな方にはC02の計測機器があり
1000PPM以上になると眠気を誘うそうで
暖かさでウトウトしているのではなく、
CO2の濃度があがってウトウトしている事を知る

2500PPM以上だと健康に害があるレベルだと
表示される

ファンヒーターを使うとすぐに2500PPMを超えるので
やはりこれは安い燃料費だが使わないほうがいいのだと確信する

灯油を買い付ける20Lのポリタンクは女性には重たい
灯油がきれた寒い朝に、給油をしなければいけないのだから
これも大変な事である。

エアコンは可動している時は、電気代はそれほどかからない
スイッチをいれて、モーターが回るときに大きな電気がかかる
買って5年ぐらいので製品であれば、ランニングコストは
かなり少なく灯油なみだといってもいい
使い方、一度スイッチをいれたら、留守の時でも可動させておく
このことさえ知っていれば、思いポリを寒い朝に運びいれなくてもよくなる

マキストーブは若い男の建て主に人気があるが
使うのはいいのだが
マキをDIYで購入すると一束500円から600円かかる
毎日使うと電気・ガス・の高熱費に加算してマキストーブの燃料費用が
1万円から2万円加わる
ローンもあるので、夏にマキの手当ができて、
買わないでいいアウトサイダーにはお勧めだが、にわかワイルドだと
燃料費用がボディブローのように効いてくるかもしれない


バランスの取れた暖房、床下エアコンは簡単 ホームページはこちら
by tsekkei_net | 2017-11-15 10:40 | 介護住宅 | Comments(0)

介護住宅という選択

家づくりは、その家族の人生のステージ(場面)での生活で
若いひとりものは、実家にいる(パラノイア)かアパートなどで生活
そのあと
夫婦になり家づくりははじまり
子供ができて「育児住宅」がはじまる。育児中心の時代
子供がまだ同居していても、親のどちらかに死別があり
同居をする場合年令が進む場合「介護住宅」になることもある

この時、徳用老人ホームの個室のように、個室にて専用テレビとエアコン完備で
一日中部屋でテレビを見ていると、認知が進むことになる

インターネットの時代では若い人はネット中毒で毎日ネットがないと
日がな一日画面の前でネットを見ている
「モーガンフリーマン時空を超えて」の番組で「ネッ社会は世界を滅ぼすのか」
解説では、若い方を調査してネットずけの人の脳は10年経過すると
脳が小さくなるようです。若い人でも老人でも画面に没頭して
ネットでもテレビでもオナジ症状がでてくるのは、なにか共通してことが
あるようです。

介護する住宅は自分の家でも、始まったことの1つですが
長生きの時代で親との同居をすると、始まることのようです。

ただ、通常の家での生活・快眠・快食・快便ができて
人生を楽しむように、おしゃれをして、人に会い、感激することを
孫や子供さらには友人と送ればいいのですから、楽しい家に
住むことが介護住宅になります。

家の個別相談はかちかから
by tsekkei_net | 2017-09-30 13:54 | 介護住宅 | Comments(0)