カテゴリ:住宅の花粉症対策( 1 )

インナーバルコニーや深い庇の中のスノコ庭は花粉症がある人に向いている

初夏の様子で気持ちよい気候ですが、いかがですか
初夏ですが花粉症の私は、杉花粉のあと、檜花粉、稲花粉と
色々花粉の種をもってますので、大変ですが、今年は花粉退散の
マッサージが聴いているようで、鼻の調子がよいようです。

最近では、建て主の方も花粉症の方もおおく
バルコニーを南側に広くつくるより、プライバシーの為に
バルコニーの壁をお隣の視線を遮るように、1.1m程度でなく
1.8mまで上がるとか、バルコニーに屋根・壁・窓をつけて
インナーバルコニーとしてしまう・・(風や緑など、外部の楽しむ空間)
として計画する方も多いようです。

平屋であれば、軒を深くして床はスノコにして、スノコの中に緑をいれて
部屋の中から楽しむなんて事も計画します。

家を建てる時、お隣はもれなく、ついてきますので、隣の家との
関係も考えて、木の家の魅力をはかる家づくりが望まれるのですね

物干しも花粉症のせいか、インナー物干も計画してます。
こちらは、女性など下着など視線をさけて干したいものですから
間取りにいれて計画することも多いです。

共働きが多い夫婦が多い最近などは、洗濯物の出し入れが
泥棒などに、在宅時間を教えてしまう効果も防犯から指摘されていますので
その点でも、インナー物干やインナーバルコニー、深い軒先の空間が望まれるのもしれません。

バルコニーがない小さいけど素敵な家の間取りを見てみる!
by tsekkei_net | 2017-04-10 10:02 | 住宅の花粉症対策 | Comments(0)