玄関先が片づく家には秘密がある

家の物入れと外部のももの入れを比較すれば、内部の物入れは数倍する
家の小屋裏収納・天井裏収納・床裏収納を床面積がかからぬから
お得だと、一生懸命つくる家もあるが、天井は1.4m以下が必須で
腰を曲げて荷物を出し入れしなくてはならず、広い場所でも
奥の荷物を出すための通路を物入れにもつけることになり
腰を痛める・価格は必然あがる・耐震上は家の荷物の荷重が
あればそれは耐震性能をそれなりにあげる必要もある
目を皿のようにして、収納をつくり
荷物を入れるところばかり作っても、そんな場所に収納するものは
入れて、半年もすればわすれてしまい
必要なときには、でてこない

お子さんの教科書や小さくなった衣服はまだ使えるとしても
今の時代、安くてきれいな服は子供でもあたりまえで
昔のようにお下がりを着る子供はごくまれだ

必要なところに必要なものはあることが条件だとすると

震災で容易するものは、仮定が家が倒壊ましくは、入れないことを
想定しているのだから、家の外、外部におくことが前提となる

玄関の前は、必要なものが多く
ホウキ、ちりとりから植木があれば剪定するハサミ
ホースやスコップや自転車の空気入れなど
この辺がすぐにでてくる家は、収納上手だといえる

T設計室一級建築士事務所のホームページ
f0057011_10251845.jpg

# by tsekkei_net | 2018-08-15 10:41 | 片づく家には、秘密がある | Comments(0)

玄関に土間収納もつくるが、他にも玄関にはたくさん荷物

改修の相談で、収納がたりないと、見に行くと

あるわあるわ、新聞のたばに、灯油のストック
靴はそのまま、傘もあるし、スポーツ用具
はテニスにケッターマシンさらには・・

これじゃ、玄関の天井まであっても
90センチ程度(片手を伸ばした長さ)
幅の収納じゃ足りるわけがない

写真じゃ、天井まで収納になっているが
手が届く範囲じゃないと、靴は入れられないんだよね・・

そんな、収納が根本てきにない家の場合は
荷物が行き場がなく、部屋にもあちからこちらになる

そんな家の収納は根本的に間取りを代えて
変身ルームをつくり、荷物を一カ所にならべる

収納はウオーキングクロゼットはよくあるタイプだが
以外に収納力はない
壁がないから、荷物が片づかない
ちょっと前には、子供がダンスをした収納部屋を
二階のあたりにつくるつくる庵も実際には
だしたり、入れない通路をつくると、荷物は壁の場所にしか
おけないし、天井高さが1.4mしかとれない場所では
おもい荷物を入れられないから、入れたらでない納戸部屋になるだけ・・

これじゃ使えない

一階に収納スペースをつくり
そこで、着替えをすると考える

外に出るときは部屋着から仕事着へ変身
帰ってくれば、その逆で仕事偽から部屋着で変身となる

一階にあれば、二階に寝ていて、食事を支度
それから二階にあがって、着替えて、降りてと
階段二回の動作もなくなる。
ダイエットしたい方はべつだかが・・
玄関の横につくる変身ルームは
アパート住まいからの発送でなく
戸建てだからできる、家になる
f0057011_1023963.jpg

T設計室一級建築士事務所のホームページ
# by tsekkei_net | 2018-08-15 10:04 | 片づく家には、秘密がある | Comments(0)

暑い夏・あたなの家の断熱性能はどのくらいでしょう

夏涼しく、冬暖かくといったって
温度計では温度は分かるが、それがどうなのか
住んでる人には、家の性能は分からない

暖かいのか
普通なのか寒いのか
アイホンにつけて、温度を計測する
カメラがある
それで手を見ると
確かに、温度の高い低いが 色で分かる
明るい赤は温度が高く、温度の低いところは
青い色で表示される
このカメラで室内を取ると

家の性能で熱が入っているところがどこか
一目瞭然・・当社の事務所は「紺屋の白袴」
断熱はあまりよくないようなので・・壁や天井に
赤い色がでてきます。

今の新築は結構、この辺の性能はいいのですが
今お住まいで、改築、新築に迷っている方は
一度、撮ってみますか、お宅の家の断熱性能

寒さ、暑さの両方に、断熱は、電気代の節約して
気持ちいい家を実現しますから・・
性能の悪い部分に手を入れると効果があるかもしれません
8月18日までモニターとして3名の方の家の断熱の撮影を無料で行いますよ
静岡市に限りませんが、1時間で車でいける方に限ります。
T設計室一級建築士事務所まで電話054-354-0182 谷川薫まで


f0057011_11423758.jpg





# by tsekkei_net | 2018-08-14 11:54 | 静岡に住む | Comments(0)

8月の相談会 の日程

寒くて冷たい木の家でなく
夏涼しくて、冬暖かい木の家でくらす
二世帯、同居する家づくり
シニアはゴールデン世代、いつまでも現役で
子世代は一緒に住むことで、生活の活力
知恵など同居することで、家族が生き生き
暮らしていく、そんな同居する家づくり
コツなどを分離発注の実例を合わせて説明します。
個別の相談の方は、土地などの資料を
お持ちください
f0057011_6574929.jpg


開催日時 2018 年8月18(土 )8月19日 ( 日 ) 8月25(土 )8月26日 ( 日 )
申し込み★お電話ください
場所 T設計室一級建築士事務所
住所 静岡市清水区神田町18-11
電話 054-354-0182
駐車場 あり
# by tsekkei_net | 2018-08-12 06:59 | 家づくり初心者の教室 | Comments(0)

「介護住宅」 熱中症をふせぐ 室温は26度がキモ!

介護住宅だと
熱中症のことは、暑い夏など注意するのだが
注意はするのだが、どんどん患者は増えていく
そんな矛盾を、「武田邦彦先生が熱中症の予防」ということで
説明をしている(検索で「武田邦彦 熱中症」でいくつかブログなどがでてくるはず)

基本的に熱中症の予防はこまめに水を飲むことなんだと
マスコミから流れるのだが、熱中症は体温が36度の人が
食事などとり、熱を発散する時、場所として10度程度
低い、26度の場所でないと、体内の熱が放出されず
熱中症になるということを説明している。

ここで大事なことは、室温は28度でなく26度
体温との差が10度ぐらい必要だということ
28度は地球温暖化ででてきた数字だが、これでは
十分でなく26度の設定!
これが肝!

また、エアコンはスイッチをつけるときの
立ち上がりの動力開始で電気代がかかることが多いので
つけたら一日つけっぱなし・・いない時もつける
それでもそれほど電気代金は一日かわらないとか
(新しいのは高いが、10年前に買ったのなら、新しいエアコンの方が電気代金も7年使うあたりで
 15年以上使ってたら、バーゲン品で買うと電気代はお得なはず)

熱中症は言われることと、実際は違うようだ。

むずかしくはないのだが、つけっぱなし・・一ヶ月やってみて
電気料金で納得するしか方法はないようだ






# by tsekkei_net | 2018-08-10 11:19 | 介護住宅 | Comments(0)