見学セミナーは6月15日

家を建てようと決意したら、まずは情報収集から始めましょう。
当社では、見学を兼ねた無料のセミナーを定期開催しています。
作品を体感して、建築家と注文住宅を建てる進め方や、CM分離発注方式に
ついて理解を深めていただく機会です。
日時   2019年5月18日(土)10時半からまたは14時から
場所   T設計室一級建築士事務所 @静岡県静岡市
参加費  無料

T設計室一級建築士事務所ホームページから申し込み
# by tsekkei_net | 2019-05-23 14:12 | 見学会セミナーは6月15日(土) | Comments(0)

上に重ねる家から横に並べる二世帯

二世帯をつくる時
親世帯と子供世帯を完全に別にして
干渉されない・・ということも考えると
干渉されないで、でもなんかあったら交通機関に頼らなくても
互いに行き来ができる。近くに住む近居の二世帯とう家づくりもあります。

親とは、将来、心配だから、目の届くところにすむという事になる

このことさえ、理解されているなら
近くという事を隣と言い換えるのはどうでしょう

近所といっても、親子なのですから
孫は行き来をするわけです。

それなら、隣という選択をしてさらに
親世帯と子供世帯が「スノコの庭」で繋がる
上に重ねる二世帯から横に並べる二世帯という発展系があるはずです。

プライバシーは、隣ですが、カーテンブラインドが締めてあるときは
訪ねない。そんな小さいルールさえ決めていれば
電気がつくつかないで、「ああ、元気でやってるな」ということが
分かりますし、

友達を呼んでも、庭が外部の居間として、パーティなどもできるのです。

屋上をスカイガーデンと呼ぶ家もありますが、パーティで終わったあとに
ビンや残材を下ろす苦労をすると、「ああこれはだめだ」と分かるはずです

楽しむときは、床の段差がなく、自宅の冷蔵庫から、食材や飲み物がでてくると
それほど労力を使わなくても、外部での食事会ができるのです。

マイナーイメージからの家づくりでなく、プラスイメージから
家づくりをするつもりで

二世帯を横に並べるスノコの庭で繋がる二世帯住宅

6月15日(土)には見学会もありますので、ぜひご参加ください
T設計室一級建築士事務所のホームページから申し込みください
# by tsekkei_net | 2019-05-22 11:57 | 二世帯の間取り | Comments(0)

専門家は土地をどう解析して間取りをつくるのか

土地からの家づくりでは、
まず土地を買ってから・・相談にこられるお客さまが多いの事実です
でも、家づくりで土地を買う時に、相談したいですよね・・どんな間取りができるのか
家以外に土地特有な条件で、予算以上にお金がかかるのか?
あまりある資金で家を建てるかたは別として
土地を買う時、建て売りでなければ、迷うと思います。

土地を買ってから、夜な夜な、方眼用紙に間取りを描
今なら、フリーソフトをネットでダウンロードして3Dで描く
自動的にパースができるというのも珍しくありませんが・・
方眼紙で描くと、今すんでいる家か実家の家にそっくりな間取りになります
3Dソフトで描く時も、あちこち見ながら・・対面キッチンで
車庫と門扉とバーベキューのセットをおいてと描くと
敷地が小さい場合は、駐車場にバーベキューができて、隣の家までは
描かないので、パースではまあまあ(初めてのパースだから自画自賛ですが)
実際できあがる本当の家では
駐車場があるだけ・・図面ではバーベキュースペースと書いてあるだけ
ことになります。
まず、ネットでも グーグルで場所を確認できます。
まず磁北を確認します。静岡市内の清水では
北側のバイパス道路が山並みをよけて(静清市場のあたり)
路をつくって、この道路に並行に区画してあるので
大概、道路は磁北から45度から60度ずれています。
不動産屋からもらう図面は、紙面の関係で上が北ではないよという事です。
実際の計画の図面で説明します
f0057011_15244779.jpg

北側と東側に道路がある不定形の敷地です(黄色い線が敷地)
南側に倉庫があります。
よく見ると磁北は紙面の関係で50度右周りのになっています
この磁北を北に見ることが、まず第一ですね
そうすると南側の倉庫が日当たりが、悪いと思っていましたが
実際に日影曲線を描くと3時間(冬至日差しが短くなる冬の日)でも
さほど影響がないことがわかります。
画面の左は駐車場で実際の日差しは問題がなさそうです。

もう少し、周りの建物を入れて、
太陽の日差しは入るか
風はどう入るか、プライバシーは
どうか
同じ図面でまず検討して見てみます。

さらに、
富士山がみえそうな方向
隣の二階からのぞかれそうな方向をチェックします



方位を直して、隣の敷地を描き入れると
この図になります

f0057011_15252952.jpg


これを見ると
隣から覗かれないで、倉庫は大きな道からの防音装置になり
庭を囲ってL型に平面をつくると、都合のいいことがわかります
道路がTの字になる場所は、交通事故が
多い場所です。見通しがいいように
駐車場にしておきます。
二台確保しておくと何かと便利です
駐輪場も取られない位置に配置します

平屋でも家が建てられるようです
窓に格子をつけると、塀が必用なくなり、コストパフォーマンスのよいこことも
わかります。
間取りも描いてみましょう
子供が小さい時は、家族川の字に
なって寝ていることが多いので

f0057011_15262249.jpg


無理して、子供部屋をつくらずに、ほしくなったらつくることに
すると、大きな個室と食堂のリビングの大きな二部屋
それを繋ぐ大きな中庭をスノコにすると、中庭の平屋ができました
大きくなったら、個室にもできるように配慮します。
大きな家をつくっておくと、あとは自由に間取りができる
アフターメンテの少ない家い間取りができました。
平屋ですから、将来、シニアになってもバリアーフリーで
暮らせる。シツの高い家になりました。
通常であれば、二階建てをたてて、西側(実際には東南方向)に
庭をつくる敷地でしたが、平屋の住まいで、シニアになっても
十分に住める家ができたようです。
このように、間取りをつくることは、敷地の周りの環境も
取り入れることが、住宅を中心につくる建築設計者の間取りつくりなのです。
また土地は買っていないが、まずは相談してみようという方は
ホームページからご相談ください
毎月無料相談日が載っています。

T設計室一級建築士事務所のホームページはこちらから
# by tsekkei_net | 2019-05-14 15:20 | 間取りのつくり方 | Comments(0)

改修か立て替えか60歳からの家づくりでは迷います。ガイドラインとして

60歳からの家づくり
定年になるとき、所得ががくんと減る時期です
しかし、、自分の遊ぶお金にさらに子供達や孫などもお金が必用なので

ついつい、自分の住む家のことは後回しになります。

所得が減る時に、将来の不安と今の家への愛着や固執があるわけです。

どうしていいか分からなくなる時期でもあります。

相談に見える方でも、耐震性能を上げたい、リフォームの料金を知りたいの他にも
溢れるものを片づけたいという要望も重ねてあります。

すこし前前まで
設計者としては、今あるものであれば、捨てることをせずに
今あるものが入る、家づくりもまず考えます。でも

最近、ある本を読むようになり・・将来にいらないものなら
60歳は古い自分から新しい人生に変わる時だという事を思えば

溢れるモノを整理する・・つまりは・・捨てること(どこか中古ショップに売るでも同じ~)
で自分の生活をリフレッシュするときなんだと・・
その本は近近藤麻理恵さんの「人生がときめく片付けの魔法」です。

簡単にいれば、毎日の生活を大事に思う時
今現在、自分が素敵なものに囲まれて生活をする為に、自分が素敵でないものは
一度、すっぱりと一気に整理、つまりは捨て去る。
そして自分の人生と向き合い、暮らしていこうという趣旨です。

建築設計者の立場からは、ここまで言えないことですが・・

いえを作るのは、あふれかえるモノに囲まれて、砂を噛むような人生でなく

「家は素敵な毎日を実感するための箱・装置」だといいきれば・・確かにその通りだと
膝を打って合点する話なのです。

その時に改修か、新築かという話を重ねますと

改築など家を建て直す時は
取り壊しの為に、引っ越しをするのが普通です。
まず、改修。改築にしても一度家から、引っ越しをしてみるという事をすると

不要なものは古いに落とされ、かなりのものは少なくなるはずです。

そして、どういう風に暮らしたいか・・一度今あるものから離れて
考えてみるという手もアリなのですね

ダイニングテーブルや椅子などは、60歳の家づくりでは
あと30年以上暮らすわけですから、デザイナーに相談して新しくする
さらに、ベットもスプリングなどたぶんマットは痛んでますので
(そうでないにしてもベットにしてみると、布団のあげさげはなく、万年どこでもいいのですから
部屋は片づきます)
ホテルベットなど普通では買わないですがいいものをそろえる

まず食事をする場所と寝る場所にお金をかける

通常では、建築設計者は、この食堂のテーブルと椅子さらにはベットは
建て主に付随するものなので、あまりアドバイスはしませんが

食事をする場所と寝る場所の密度があがる家具とすっきりしたインテリアが
あれば、家はまず満足だとおもいます。

建て売り住宅を選ぶのではれば、建て主は、自分があとで選択できない
キッチンと風呂さらには洗面の収納と玄関の収納さらにさらに、ストックヤードなどの
ウオーキングクロゼットと納戸物入れの拡充
それさえあれば・・あとは今ある家具か、チラシのバーゲンで買いそろえて・・
このパターンだと、寝室のベットと食堂のテーブルさらには家族の体格に
あわせた椅子などはそろうはずがありません。

60歳からの家づくりは
寝室と食堂の密度をあげた空間に仕上げる・この事から
初めるべきだと思うのです。

T設計室一級建築士事務所のホームページ

# by tsekkei_net | 2019-05-14 11:43 | 改修か立て替えか | Comments(0)

ゴールデン連休 恒例のすだれかけ

f0057011_151638100.jpg
雨が続いたゴールデン初め

日差しが戻ってきた

夏の始まりに備えて、すだれをつけました。

ゴーヤのグリーンカーテンもつくります。

毎年の恒例作業があると、季節の移り変わりが実感できます。

T設計室一級建築士事務所のホームページ
# by tsekkei_net | 2019-05-02 15:20 | Comments(0)