南北に長い敷地の中庭住宅

南北に長い敷地の中庭住宅_f0057011_11174341.jpg

南北に長い間口約7.5m奥行き21.9mの敷地に建てる中庭住宅、
一階の一部はおかあさんの部屋があり二世帯住宅となっている。
南側を庭にとるような間取りだと、三階建てになるので、
東側を細長く、庭として光りと風をいれている。
自然の風を一階にいれるために、
二階より吹き抜けで上方の窓より夜間冷気がはいる仕掛けは、
京都の町屋にヒントをえたもの。
南北に長い敷地の中庭住宅_f0057011_11194751.jpg

ムービーはyoutubuに飛びます

T設計室は第三土曜日はセミナーと見学相談会の日くわしくはこちらから

by tsekkei_net | 2021-12-13 11:21 | 中庭住宅間取り | Comments(0)
<< 二つの道がある中庭住宅(50坪敷地) 断熱の工事は、アルミサッシのガ... >>