手すりの原寸とり

設計図は大概手にかかえられる程度に描くものだが
縮尺したものが多い・・

玄関スリープの原寸取り(実際の場所の寸法をとる作業)
をしながらうち合わせをした。

工事は山梨のアトリエ「プラトウ」にお願いしている。

原寸の手すりと柱も持ち込んでいただき、ベニヤに現地の形を
トレーシングペーパーに鉛筆で形をとるように、カッターナイフで
形を削りだしていった。

手すりはパイプをつぶして制作・柱は角のスチールを
カコウしてもらう

手すりと柱のジョイントは柱をけずりあげて、つくってくれたオリジナル

どんな形かは、頭で描いたものの、人に伝えるのは、三次元ではむずかしく
デザインも伝えることがむずかしい

蛇のようなウロコの模様で、パイプをたたいてもらい、龍のようにゆるやかに曲がる手すり
大地に打ち込む柱を切り上げる、手すり子でうける
と書いてもむずかしい

パーツの写真をみて、見ている人は分かるものか半信半疑

手すりの原寸とり_f0057011_9193999.jpg

手すりの原寸とり_f0057011_10572644.jpg


TSEKKEIでは第三土曜日はセミナーと見学会の日

朝9時半から天気がよければ、中庭でうち合わせができます
くわしくはこちらから
by tsekkei_net | 2020-06-24 09:21 | 玄関引戸にしてスロープにする | Comments(0)
<< 広いということは視線が長く伸び... コンパクトな中庭住宅 足場がと... >>