新しい仕上げに挑戦・フローリング・ストライプ仕上げ

自宅の玄関の改修なので
設計者本人の意向でどうでもなる

建て主の依頼では、なかなか、トライヤルではできないことも
やってみようかと、取り組んでみた

玄関の引き込み戸の鏡板・・つまりは扉がはいる部分のことだが

檜のエンコウ板(節のないものだと)3mで一枚12000円ぐらいする

5枚必要なら・・6万円になってしまう

今回は、床フローリングのバーゲンセールの商品で畳み一枚の大きさで4500円
かなりお得で、運搬費用があっても8000円でおつりがでるくらいで買えた

ただ色はマバラで、長さも一様でない・・半端品のせいなのか・・そういう製品なのか

雨には強く堅い木ではある。

最近売れている。建築家「隈研吾さん」の建物をみていると、木を上手に使っている
そろえるのでなく、間隔をかえて、そそえないことをデザインしている

今回のフローリングの壁も、自分でいろいろ組み合わせをつくてみて

ストライプにする事を思いついた。色はそろわないが、定規のストライプでなく

フリーハンドのストライプのようにならないかと・・・

同じ材料なのかと見間違うほど、色々な表情をしている木なのだが

コントラストだけつけたいなあと・・考えたあげく、一列ずつ濃くする部分だけ
ワックスをかけてみた。なかなかおもしろくなった

もっと安いフローフィングのサンプルもあったが、それにもワックスをつけると
赤に色がつくことがわかった。赤いストライプもできることになる

フローリングストライプはいつか、機会があれば、建て主の玄関にも使えそうな材料である。
新しい仕上げに挑戦・フローリング・ストライプ仕上げ_f0057011_12592930.jpg


TSEKKEIは三密にならない、屋外のテラス空間でうち合わせができます
第三土曜日は見学とセミナーの日です
詳しくはこちらをご覧ください
by tsekkei_net | 2020-04-29 12:58 | 玄関引戸にしてスロープにする | Comments(0)
<< 思い出を埋め込む改修 ポストを建築化する >>