静岡の夏のすごし方・・朝の散歩で気になる家

朝には、散歩にでかけることが習慣なために
新築の住宅も朝はやく足をとめて眺めることもある

改築は隣にうつるらしくて、ここ二年で二つの
改築が途中いつも目にとまる

片方は、骨だけにして改築した住宅
勉強している工務店が設計しているので
雨がもらないように屋根を軽い素材でかけて
雨戸など、木を多くつかって、昔ながらの霧妻の家
庭には樹木も手入れしてあり、南側の道路からは
熱風が吹き込まない工夫もあり、好感がもてる

となりは、ハウスメーカーだが、南入り
(実際には東西の道が50度西を向いている場所)
二階には事務所建築のような大きなガラスはめ殺しの窓
天井までの高さで部屋一杯3.6mの大型のは目殺し
内部がすけないような工夫はあるが、二階で日差しを
よけるものがなく、終日、太陽が差し込む
冬には暖かいが、今年の猛暑外気で40度近い気温
内部はエアコン程度では、暖房と冷房と一緒にかけている状態
事務所だとキャスビー評価でアルミルーバーの庇をつけて
太陽光をすこしでも室内に日陰をつくりたい状態
何もない状態だと、まさしく温室
(温室でもあつければ、天井に窓があり熱気は抜けるんだが、この建物はそれもない)

我慢大会状態、ギブアップだと壊しはできないので
たぶん、黒い網をかけはじめるのか・・9月まで頑張るのかと

いつも散歩には気になる家

間取りでは、方位で室内の温度が夏・冬違うことを意識しない
さらに、冬モードに気持ちが高まり
明るく、暖かいことを期待するのだが・・
はめ殺しの窓間口一杯の窓では高価で30万円以上値段はかかっているはずなので
簡単にとりはずしができない・・・外す場合
足場が10万円程度最低かかるさらに改修でもう30万円程度かかるのか

はあ・・ひとのことだが、暑い日に、頭もまわらないが・・
取り外す以外に道はない

T設計室一級建築士事務所のHP

by tsekkei_net | 2018-07-17 06:40 | 家づくり初心者の教室 | Comments(0)
<< 夏にはできることから、窓を閉め... 雨の日のすごしかた >>