こどもは遊びで家の良さを実感する

引き渡した家では
建て主のお友達がお子さんずれで訪問

子供が二人になると
とたんに、遊びを家のなかから探しはじめる

木製の手すりの上にのり、、高見の見物で家を眺める・・いや新しい歩道を体感なのか
冷蔵庫のうしろのサービス動線をぐるぐるとこれも回る・・背中には汗が
びっしりとなるほど、二人でぐるぐる鬼ごっこ・・昔の童謡に虎がドーナツになっちゃう
話があったような気がするが、とにかく
子供はなんでも、遊びに変えてしまう

家の説明をしなくても、子供達が
どんどん家の魅力を探してくれるので、こちらとしては
楽なのだが・・親たちはびっくりして・・説明をしてくるのが

遊びなのか、家の良さをさがしてくれるのか

子供の話から親はこんなに家が子供が気に入っているのか
実感する

T設計室一級建築士事務所のホームページ
by tsekkei_net | 2018-07-04 10:12 | 家づくり初心者の教室 | Comments(0)
<< 50代の家づくり 完成間際の「小さな家」家具がは... >>