シロアリ

シロアリはどこにでもいる
また6月くらいから8月にかけて羽アリがとぶ
家にはいってきても、まってきたものもある

もしも見かけたら、それが羽アリかどうか
写メをとっておいて、専門家にみせるのが大切で

内部にはいるとき、水を探しながらあがってくる
トイレ・洗面・台所・風呂などは水があるため
ルートになりやすく

屋根の漏水(太陽光発電も屋根に固定した後、シーリング程度なのでここも漏水は危ない)
水道や配管のつなぎから漏れているのも、原因になる

シロアリはとにかく、水がないと家の中で暮らせないので
もしも入ってきたら
まずアリを引っ張る水を断ち切る
今はいったアリは駆除する
食害が耐震性能に被害があれば、補強する
入らない予防措置をとる(シロアリ消毒もあるが、床下など30万円
以上の高額に及び保証期間は5年更新なので、5年ごとにしなけらば
いけない事になる。家の周りにゴキブリほいほいのような仕組み
シロアリホイホイに餌をおいて、二ヶ月に一回程度餌のたべられぐあい
をみながら、目視で見回る方法もある

シロアリとアリの区別は
ウエストがあるのがアリでシロアリはゴキブリの仲間なので
ウエストがない

やまにいけば、木を食って土に返してくれる
自然のサイクルでは大事な役目だが

木をさわった水が地面に流れると
シロアリを呼んでいることになるので
まずはその手当も大事なことになる

T設計室一級建築士事務所のホームページ
by tsekkei_net | 2018-06-12 09:20 | 家づくり初心者の教室 | Comments(0)
<< 小さな家の見学会・・伊礼智さん... 家の見学会で何をみるのか >>