敷地の一番の気持ちより場所で食事をすることは大事

家の間取りを建て主が建てる時
住みでいる家を見ながら、方眼用紙に間取りをかくと
たいがい、今の家を少し大きくした今の家を描くことがおおい

別に不自由があるわけではないので、問題がないのだ

設計者が描くとき、どうするのだろう

トップライトなど、奥の手を使うこともあるが
対外はすべての部屋に窓がつくような間取りをまず探す
中廊下を使うと、両側に部屋ができて効率的だが
この廊下には窓ないことになる

部屋中心の家となり、今いる家の二倍の家の間取りでも
一部屋は今ある家の庭委程度大きい程度
6畳が8畳か大きくても10畳程度にしかならない

一番、寒い家の問題は
トイレなど、風呂など通う廊下の寒さは、間取りか暖房を家中
廊下・トイレまで運転することいがいは改善しない
ここが寒さ、暑さと、日々の生活にからむことになる

住宅に手慣れた設計者の間取りは、廊下が少なく
窓が部屋の二か所にあるような間取りを描く

一番景色のよいところを、食事をするかソファを置くところにするのである
長く距離をおいて風景を見れるところが、広く感じる一番の屋敷の居場所になり
そこを中心に家の間取りを展開する。家相もあるがまず気持ちよい場所を
敷地になかで探すのである。

この手順は、気持ちより家をつくりたい方採用することをお勧めする
気持ちより家T設計室一級建築士事務所のホームページはこちら

by tsekkei_net | 2018-04-23 13:24 | 二世帯が住む | Comments(0)
<< 間取りは、時代で変わる 二世帯の場合には設計として 含... >>