【スクリーンとしての目隠しの格子】中からは見えるが 外からは見えない昔からの工夫

格子は防犯の意味のあるが
昔の家を見ると、中からは見えるが
外からは見えない装置として使っている。

音はしょうがないので
聞こえても、相手の都合の悪いことは
聞こえないように、振る舞うのは大人ですが

二階のバルコニーをつくり
ビールを飲みたいというご主人の
要望で作った。バルコニーですが

隣の窓には、娘さんが住んでいるたしいとの事
風は入れて、視線を制御するために
格子を斜めにいれて、正面からは
見えないようにしてある。

窓はガラスがあると、反射して
昼は内部以外と分からないんですが
夜にはると、反転するので
こういう装置必要ですね

【スクリーンとしての目隠しの格子】中からは見えるが 外からは見えない昔からの工夫_f0057011_16203511.jpg


by tsekkei_net | 2010-09-03 16:21 | Comments(0)
<< 【介護の為の浴室】扉がない木の... 【メンテナンス】工業製品じゃな... >>