静岡の木の家・・気候の特徴をいかす

静岡の木の家をつくるとき、静岡の特徴といえば
温暖な気候(温度だけを見ると、冬を除くと沖縄に似ているほど暖かい)
高断熱、高気密という言葉もあるが
むずかしい言葉で、分かりつらいが・・夏涼しくて、冬暖かい
エアコンをかけるときに、電気代を少なくする家といえば分かり易いのかもしれない

静岡の気候といえば、冬は晴天が多く
晴天が多い
当たり前のようだが、東北地方など、裏日本にいくと分かるが
冬が晴天の日が多いのは、広い日本でも静岡にすむ利点だと
地方からくるひとはすぐに理解できる

その昔、建築評論家の南雄三さんが、大きな南側の窓(掃きだし窓)と
適当な断熱(高断熱を研ぎ澄まして、北海道なみにではなく、地域の特性に
あわせて、性能を上げる)があれば、屋根に集熱パネルを置いて
その熱で電気をつくり煖房するより
大きな南側の窓から太陽の日差しをいれて、あったかな家をつくる
それが静岡の気候にあっているという

日本全国同じタイプを売らなければいけない
ハウスメーカーや大手工務店なら、たしかに高断熱に屋根の太陽光パネル
国の補助をもらって、お得にというキャッチもあったが

太陽光は10年で元がとれない(設備費用だけ赤字となる)ことが分かった今

静岡の気候を取り入れる、大きな南側の窓から「おてんとうさま」をいれる
平屋の家が、たぶん一番静岡にはあっているのかもしれない

そんな敷地があるひとはいいという声もあるが、全部の家には適合しないが
規模をちょっと小さくして、敷地にゆとりをつくり窓をつくる工夫の家は
建築コストを下げて、敷地に樹木をうえて、大きな窓をつくれるのかもしれない

おてんとう様を味方につけると、四季が毎年くることで
おてんとう様はうらぎらない。家の味方につける静岡の家は
自動的にあったかい家になる

T設計室一級建築士事務所のホームページ
# by tsekkei_net | 2019-04-09 10:09 | 静岡の木の家 | Comments(0)

椅子は座る人に合わせる。同じ椅子がそろわない時もある

椅子の脚を切る
なんてことは、家具店でも言わないだろう

椅子を選ぶ時は、販売店でも靴をぬがないと
体感は分からない

欧州などの椅子は、靴を履いて座るように
靴の分25ミリ程度高くなっている

また、洋食は皿を手に取っては食事をしないので
フォークでまたはスプーンで口に運びやすいように
テーブルの高さも高めがのものが多い

日本食であれば、手に取ってたべるし
鍋もテーブルにおく
低めのテーブルだと皿にもった
料理が見やすく、小皿も使うので
低いテーブルが都合がいい

椅子は日本では、大概、靴は脱いで
スリッパ程度で食事はする

通常に座って、足のカカトがぶらぶらと
床より上がると、長くすわっていられない
腰を前にだして、お尻をちょこっと座ることになり
居心地がわるい

椅子は大概慎重の1/4程度であるが
40センチの座る椅子であれば、160センチ程度の方用になる
できれば、背が高い方もすこし低い38センチ程度の椅子が
落ち着くはず

ただ低めの椅子は、立ち上がる時
足の力がいる
肘掛けがあれば、手をおいて
手の力で建てるので、問題がなくなる

シニアになると、膝が痛くて
食事を床においたテーブルでとれなくなる

食事は大事で、一生のこと自分の背丈にあった
椅子を選ぼう

キャップをつけている方もいるが
ねくても引きずらなければ、木の床でも傷はつきにく
ついたとしても、自分の家なので愛着になる
スリッパでなく、裸足でも使えるように
椅子の足を切断して(もちろんプロに頼むのだ)もらい
自分の使いやすい椅子を手にいれる

ちなみに、家の床も
傷がつかないように、固い木で木理がきれいな
ブナやナラ(小学校の体育館の床とおなじ)木を使うと
足の裏がつめたくなる。
杉や檜など、多少は傷もつくような、柔らかい木で
床を張ると、玄関のスリッパは数週間でなくなり
一夏をすぎると、スリッパの生活を忘れるようになる

T設計室一級建築士事務所のホームページ
# by tsekkei_net | 2019-04-04 11:43 | 椅子の脚を切る | Comments(0)

無垢の木の箱・Jボード落とし板の家

無垢の木の箱のような
Jボードの落とし板工法で家づくり






□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
古民家(古材)の梁、伝統工法、職人の手仕事や技術。自然素材、夏障子や古民家の建具など、今あるものを大事にして現代の工法やインテリアなどの、新しい物を組み合わせてつくる、あたなだけの自由な家づくり。そんな「素敵なあたなの無垢の木をつくる分離発注の初めての家づくり」の秘訣をお話します。人生も少しすぎて50歳を過ぎたら、あなたのいえは自由をつくれる分離発注の無垢の木の家です。
T設計室一級建築士事務所電話054-354-0182
T設計室ホームページ
√ 営業・活動エリア
静岡県内
西部地区
浜松市(北区・西区・中区・南区) 磐田市 掛川市 袋井市 湖西市 御前崎市 菊川市 森町 新居市 湖西市
中部地区 
静岡市 焼津市 岡部町 島田市 大井川町 吉田町 川根本町  藤枝市 袋井市 掛川市 御前崎市  
東部地区
芝川町 富士市 富士宮市 裾野市 沼津市 三島市 伊豆の国市 伊豆市 下田市
山梨県内
甲府市・勝沼市・韮崎市・中富市・南部市・上九一色市・河口湖・山中市
# by tsekkei_net | 2019-04-04 10:46 | Comments(0)

土間のある二世帯住宅

キッチンには主婦が二人いれば、キッチンも二つが並べておくもアリ!

広い吹き抜けが若い世帯とシニアの世帯をツナグ家!



□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

T設計室一級建築士事務所電話054-354-0182
T設計室ホームページ
# by tsekkei_net | 2019-04-04 10:43 | 二世帯の間取り | Comments(0)

平屋の家ムービーで見学




□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

T設計室一級建築士事務所電話054-354-0182
T設計室ホームページ
# by tsekkei_net | 2019-04-04 10:41 | 平屋建ての間取り | Comments(0)