ベーターバージョンの世界

インターネットの世界が、さくさくと日常生活に染みこんでくる
ブログなど、見ること多くエクスプローラーでもバージョン7がRSSをとりこめるので
早速インストール・衛星写真を無料配信しているGOOGLEもソフトがこれもフリーソフト版が
ヴァージョンアップ住所から衛星写真での場所の指定ができる機能がつき、これも早速
インストールする。新しいことはいいのであるが、世界がそれほど足並みをそろえてあがるわけでなく、ブログを書く際コマンドが表示できなかったりいささかとまどうことが、ベーターバージョンなのだと自覚する日々である



清水・木の住宅設計事務所→T設計室一級建築士事務所
木造設計者の日記→しぞーか(静岡)木造り設計日記
木造住宅→しぞーか(静岡)木組みの家
# by tsekkei_net | 2006-08-12 08:05 | Comments(0)

オープンシステム CPD研修

横浜にてオープンシステム CPD研修に参加してくる。オープンシステムの研修は全国九州から全国を住宅してくる第二弾だ。今年は真壁の木造のディテールを解説する講義に注目している。真壁での木造は、大工さんのカンピュウター決められてきたが、最近は熟練の大工職が少なくなり、ハウスメーカーなどは新商品としていろいろなタイプの工法を売り物にしている。そのなかでなかなか、梁・柱がみえる家はシステマチックに考える機会が少ないのが現状である。あまりある木材を家として再生させるには、技術・デザイン・生産工程など考える必要がある。
f0057011_10585334.jpg

# by tsekkei_net | 2006-08-08 10:59 | Comments(0)

床下に水が入る

長雨の中進む耐震工事があり、別の家から畳にカビが生えた家の相談があった。
新築の場合、床下に水が入らぬように回りの地盤より床下を上げることが普通である。
あたり前のことだが、これを守らないと自然の力を知ることになる。
水、ことに気候と建物は関係が深く、原理原則のように処理しなければ
水が悪さををすることになる。
周りの地盤から低い床、そして床下換気から水がはいると、その水が湿気を呼んで
床が腐る。シロアリを呼び木が食われる。ススケタ木材の床はブカブカにたわむ
また水は湿気となり、カビを呼ぶ。
カビは栄養・温度・湿気があれば日本中どこでも、いつでも生える。
人間がコントロールしようとしているのは、湿気・・水気をいれないことで
屋根をかけて、雨が当たらぬようにして
床下に空気を入れて、乾燥させ
敷地の地面の排水をとって湿気がこもらないようにしている。
家相・地の神様もただ「○○はしてはいけない」というフレーズは困るのだが
水気を遠のける為に敷地をきれいに使うのは家にとって好ましいことなのだと
改修の床下を見て思うことである。
家の決まりは家をつくる戒めだけでなく、長く使うために四季のある気候に逆らわぬように
健康に暮らすメンテナンスの教訓として聞くと納得する。
# by tsekkei_net | 2006-07-27 10:11 | Comments(0)

耐震補強工事

f0057011_1637031.jpg
静岡市では東海地震の対策から耐震補強工事の先進な街である。
地震の被害は木造の1階部分がつぶれる現象が多く、その対策として梁・柱をつなぐ金物も
その一つである。1980年以前の建物は法律で金物の補強を規定していないために、金物などの補強がない。南側に大きな窓のある家などでは一度耐震診断(昭和25年以前でないと市からの補助がでないが)を行い。簡単な補強をすることで耐震性能が俄然よくなるのでお勧めである。
# by tsekkei_net | 2006-07-16 16:41 | Comments(1)

雨にもマケズ

f0057011_13132064.jpg

今週より耐震改修の現場が始まる。壁などの耐震補強もあるのだが、屋根からの
漏水改修の為に屋根をはがして、新しくする。3日もってくれればと思ったのが先週の
天気予報。ゼンメツの雨状態!月曜・火曜と晴れが続したが明日から週末は台風三号の
影響で雨模様。行事には晴れが続する事が多いのだが、台風には勝てない
# by tsekkei_net | 2006-07-04 13:17 | Comments(0)