清水湊はいつからあるのか・なぜ江戸時代に栄えたのか

清水湊はいつからあるのか・なぜ江戸時代に栄えたのか
**************************
高校の先生だった 清水の歴史家北村欽哉さんの話のはなし
*************************
清水湊はいつ発生したか
****************************

16世紀に清水湊があった・・1560年ごろから

昔は海だった。地震で隆起して島ができ湊ができた

明応の大地震・・1498年にあった
地震で焼津市が沈み
焼津市の東に林相院というお寺が
そのまま階没した
村松のカイチョウジの日記が書いている

その時の地震で清水はひたすら隆起する
多分この時の地震で
清水が隆起した陸地化した
幕末の安静の大地震で激しくさらに隆起している

清水の地名は静岡県史で編纂された
1552年8月22日に今川家が清水屋敷を
誰かに会う・お役所のようなところがあった

2年あと今川家フジヤスと北条ウジイエとの婚姻などの
荷物を受け入れる湊となっている

1560年清水湊と清水の商業活動があった
渓流する船の訴訟
1570年の武田信玄が海賊ツチヤモッコウ左衛門に清水屋敷を与える
陣を動かし地理を築く
このあたりからあったようだ

*********************************
清水湊ははなぜ江戸時代に栄えたか
***************************************
清水発展の理由で
江戸時代の独占した流通を清水回船問屋の
42件の廻船問屋があたえられていた
富士川から安倍川までの商圏があった


徳川家康が大阪陣が起きて
家康に清水の商人がただで送ってくれた
そのお礼として・・42件回船問屋に特権を与えた
これは通説で

説明者の北村さんは42件廻船問屋の末裔だが、大阪にはいかなかった
らしい事を調べている

通説としは
江戸末期に起源の本である
安静の大地震で嘆願書がある
嘆願書はオーバーにかいてある
要害の湊であって・・・
1614年に特権をとったことで
特権問屋ができたの記載がある

ここからは歴史を想像でひもとくと

折戸湾・清水駅から三保まで船をつけて
軍艦をならべて・・駿府城防衛体制を取る必要があった
東照宮に見張りを置くと駿河湾が一望できているが家康は
実は毛利が恐かったことは想像に難くない。・・いくつかの県内の
湊に警備を依頼した
たぶんこの駿河湾の
艦船に荷物を運んだ程度の事だが・・ではなぜ

実は

清水湊には大阪での名前がそのままある
つまりは大阪からきたヒト達が廻船問屋になり
京都の酒とか商品は顔がきき容易に清水湊に運ばせた
これらは江戸では超人気の商品で、京都の商業圏から
清水の問屋に商品を引かせて、物流の中継地点として
江戸の庶民にその商品を供給させる流通経路をつくることと

船の所有者としての運搬の船は当時戦艦としても利用していたので
湊の警備にあたらせることで、大阪の陣で協力した清水湊の問屋42件に
物流の特権をあたえた徳川家康のしたたかさが清水湊を発展させた



北村欽哉さんの講演
http://tsekkei.exblog.jp/14296943/
http://tsekkei.exblog.jp/14296961/

ホームページはこちら
# by tsekkei_net | 2017-08-19 14:25 | 清水のはなし | Comments(0)

洗面所に必要なもの・・戸建ての家にはコツがある

洗面所は風呂の横で服を脱ぐところ
「ああ~洗濯機があると、そのまま入れられる」という便利は・・

と必ずあるような洗濯機だが・・独身などは、そのまま入れて
換気扇が廻っているところで、ユニットバスに下義でも干して
おけばと・・単身・結婚当時のふたりならいいのだが

二人だけでなく、子供が入ると
洗濯も大人と一緒に洗えない・汚れたもの・・色もの・・量の多さなどが
あるから・・風呂に入るとき、ポイッと入れてと考える時
洗う時間で何度となく、洗濯の機械と部屋(台所)をいったりきたりしなければいけない

結構最近はやりのドラム式の洗濯機・・全自動という謳い文句はすべての家庭に当てはまる訳ではない

大概、洗面所で化粧をすると、子供でも男の子も化粧する時代
化粧品など置くところは大量にいる、鏡などは最小にして棚を
多くするのは手かもしれない

風呂の場所だから、タオルもいることになるが
扉をつけると、小さい子供などは、元気に跳ねるので、棚には扉はない方が
良いと言われる家庭も多い

下着はアパートの個室なら、個室に引き出しの棚があり数メートルだが
洗濯→階段→二階に干して→階段→二階から下ろして→整理して→階段をあがり→各部屋へ収納
これを毎日やるのかと・・
共働きなら・これを見たらいやになるのはアタリ前

ここで、一階に干す、一階の洗面に下着を収納とすると
ずいぶんと階段の上がり下がりがなくなり楽になる

ダイエットの家を作るのなら簡単だが・・ダイエットが必要な人は
なぜか運動では痩せないので
結果は同じかもしれない

さらに壁が少ない洗面では、使ったバスタオルを掛ける場所も大事となる
毎回、人が使ったタオルは使わない家ではいいが
使いまわしをするなた・・これも確保しておく必要がある

既製品の洗面は棚をつけると値段があがるさらには、洗面にそれほどの
面積の余裕がない 場合が多い・・
その時はウルトラC的発想で廊下などの壁の厚みを利用して
下着を収納すれば、洗面にはそれほど出っ張らなくても
下着程度の収納は確保できる
困るのは、不慣れな工務店やハウスメーカーなどは
要望を出すと、それは当社では売ってないと返答がある
既製品ばかりの集積で家をつくっているので、カタログにないものはできないくなる

KYで家づくりを始めると、隣とは間取りも一緒になるが、工夫ができないのも
一緒とあきらめてフラットな家づくりとなるか
あと置き家具を100円ショップの製品で工夫するか・安売り家具ショップで棚キットを
捜すかということになる・・

トータルには設計者に助言をもらい、大工さんに作ってもらえば・・
という手もある

家具の工夫などホームページでどうぞ
# by tsekkei_net | 2017-08-18 10:02 | 家づくり初心者の教室 | Comments(0)