<   2015年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

1.5階建てを「ハーフアンドハーフでセルフビルド!」半分作るのを見て、半分は自分でやってみるのもいい

セルフビルドとは自分ですべて工事をするのはたくさんの事を覚えなければいけない
一回しか見についた事が使えないのも、残念なこと。
さらには、自分の仕事や家族の生活が、家が完成しないと住めないので
プレッシャーがかかることになる。
それでは面白くない。

始めてで分からないのだから、勉強しながら見て、覚えると
当然にセルフビルドは、上手になる。

しかし、二件は建てられない。

それなら、「ハーフアンドハーフセルフビルド」はどうだろう

大きな家に住みたいのは分かるが・・将来、年齢を重ねて
住むと、たぶん・・一階だけ使うんじゃないか

実際、近所をみても、しゃずぜんと一人住まいの「おばーさん」は多い
(おじーさんは寿命がおばーさんより少ないのでしょうがない)

その家は二階建てなんだが、二階は雨戸がいつもあり
二階はあるが、今は使わないのだろう。

広い部屋はあるが、最終的には平屋に住む・・ここは肝心
さらに、子育ての家族の場合、たいがい、布団を川の字に
して寝ていて、アパートだから、玄関から入れば
平屋の住まい・・ここも肝心

つまり若い時と老人の時は平屋しか使わない

子供が多くなれば、趣味での部屋は・・物がおおくなり物置きがあれば・・・
つまり、人生の途中で部屋が欲しくなる訳・・ここは肝心

それならば、家づくりをセルフビルドでやりたい方は
まず一階は分離発注でつくって住めるようにする・・ここは肝心
まずこれで家族が住む部屋は確保されて、電気や水道のライフライン
トイレ・浴室も一階につくり住めるようになる。
(分離発注でないと、工事中に現場を見られることがいやがる工務店もある
ハウスメーカーの場合はまず工事途中で中には入れないので
日曜に足場ごしに建て主が中をのぞいている)

ここまでが、「ハーフアンドハーフセルフビルド」の半分のハーフ部分

そしてくれからセルフビルドで二階が始まる
基礎はできるている・外壁もあり・屋根もあるから
時間があいているときにホビー感覚でできる
子供が大きくなり個室を欲しくなるまでの間につくればいいのから
数年はまずある。
始めてでも、一度つくるところを見て時間がまだ
経過していないので、大工に質問もできるし、余った材料など使える可能性も
ある。創意工夫して自分でやるので、自分満足感はある

例えばワンフロアー24坪の二階建て48坪の家を考えると
今のアパートは部屋が3つあれば、15坪程度なので
一回りおおきい24坪は十分に暮らせる
二階の拡張スペースは、当初はワンルームとして床があれば
使えるようにしてあれば、子供の遊び場にもなる
できれば、大きな小屋裏のように二階にすると(1.5階建ての意味)
二階は隠れ場所のような非日常空間として作れるはず!

完成すれば、48坪の家になるのだから、小さい家ではないが

当初の住まいと老後の住まいは24坪の平屋使いの部屋として
使うので、これも十分な配慮といえる。

ホームページはこちらから

静岡県対応エリア
全域
静岡市・島田市・焼津市・袋井市・掛川市・御前崎市・菊川市・牧之原市・岡部町・大井川町
吉田町・川根町・芝川町・富士市・富士宮市・沼津市・湖西市・浜松市(北区・西区・中区・南区) 伊豆
湖西市・鷲津
愛知県対応エリア
豊橋市・新城市
山梨県対応エリア
身延町
神奈川県対応エリア
箱根・小田原

県外対応可能です。他のエリアはご相談ください→tsekkeiへ無料相談
by tsekkei_net | 2015-10-29 16:10 | 1.5階の素敵な木の家 | Comments(0)

素敵な家の作り方・風がよく通る家には素敵な窓が必要になる。

風がよく通る家は気持ちがいい
エアコンも真夏にはしょうが無いが、できれば省エネに窓の開け閉めで
風を入れたい。

風は卓越風といって、季節的に吹く風がある
駿河湾がちかい静岡は夏は海からの風・冬は山からの風に
なるのが一般だが・・

この卓越風は10m位の高さのところでの観測らしく
それ以下の場所では、風は吹いたり吹かなかったり
曖昧の様相

さらに窓があっても、お隣の窓の位置が重なり
お隣が掃き出しの窓があればテレビをおいてある可能性が
高く、隣人がシニアの場合は大きな音で一日中テレビを
つけていることも珍しくない。

窓があっても、窓を開けて風をいれれば、お隣さんの
音もついてくることになる。
窓を開けて都合がいいような位置に窓を作るのは
カンタンそうだが、方眼紙に間取りを描いているだけでは
位置のふぐあいは分からない。

設計のプロならば、建てる家の間取りの近くには
もれなくついてくる、お隣の窓の様子を描くことは
通常行う作業である。

さらには、肝心なツボのような工夫があると、気が利いた窓になる
つまりは

「窓は気持ちよく開けてみたい」と使う人の動機つけも忘れることはできない

朝には、「今日の天気は?」と食卓の近くにある窓は家族の話題となるだろうから
開けて空の様子をうかがうし

テラスも開いて庭との関係がお隣をのぞく、のぞかれない、フィルターがかかっていれば

開けて気持ちいい時間を送る為に、「さあ開けてみうよう」と手が伸びるような素敵な窓には
富士山の景色か季節の花な匂いや鳥の声が聞こえる素敵な朝にスパイスを与える。

家は同じ家をモデルハウスのように
どこでも、同じになる・・・のでなく、

お隣や敷地の周りの景色にまつわるストーリーを持つことが
風を入れる家の作る大事なコツなのである。


*************************************
【中庭のある家】で家族二代・三代が長く使ってうと、孫子は住宅ローンがなく子孫繁栄住宅!
確一的な建売でなく、自分の個性的な家を【リノベイト】で施主が工事に参加するハーフセルフ・分離発注で家を建てる。結果【資産価値】の下がらない、賢い選択

tsekkei 054-354-0182
tsekkei ホームページ
√ 営業・活動エリア
【】静岡県】全域
【愛知県】西部
【山梨県】南部
【神奈川県】東部
by tsekkei_net | 2015-10-14 15:40 | 家づくり初心者の教室 | Comments(0)

『知らないと損をする マイホーム7つの新選択肢』

『知らないと損をする マイホーム7つの新選択肢』
1)あえて中古を選ぶ
2)あえて小さな家を選ぶ
3)あえて職人さんと直取引してみる
4)あえて年齢を気にせずに家を建てる
5)あえて間取りを決めない
6)あえて木材にこだわる
7)あえて自分でつくってみる

新しいマイホームの術のテーマだという
1)あえて中古を選ぶ
とにかくたくさんある。2000年より前は旧耐震となるが
多少の不安もあるが、立地の良さなどライフスタイルを選ぶことで
払拭できる。資産価値が下がらないなど利点がある
場所がよいのだから、人に貸して、利益を得てもいい。
若い独身者が最近は多いのはこのせいか
外構もできている、さらにいいのが税金がやすい。所得経費もやすい
35年で差額はそれだけで200万に近くなるともいわれている。

2)あえて小さな家を選ぶ
収納を考えれば大きな家だが、工夫をするとなんとか住める
間取りが多くて、収納を大きくすると、腐らない、今要らないもの
ばかりを貯めることになる。子供の古着も教科書も5年以上使わないものは
処分する。そうすることで人生がシンプルライフになる。

3)あえて職人さんと直取引してみる
自分で工事をすることもあるが、資材を調達して職人に支給して工事を
する。そうすることで中間経費がロスカットできる。ただし、専門家など
アドバイザーがいないと、前にすすまない。分離発注などを使うのがスマート

4)あえて年齢を気にせずに家を建てる
子育て世代だけが家を建てるわけでなく。年金生活に入れば
住宅だけは確保していないと、生活をきりつめると
自分らしさが担保されない。まずは切り詰める前に
安全で安心な住居を手にいれる。小さくてもできる収納で
生活をリフレッシュする。人生の棚卸をしてさらにこれからの人生を
楽しむ為の準備をするのがシニアの家づくり終の住まいの作り方になる

5)あえて間取りを決めない
間取りをきめると、今住んでいる家と同じ家になる。
6畳が8畳になるが、少し大きい部屋で、三分いれば、少しぐらい大きな部屋は
なんてことなくなる。テレビを大きくなっても、すぐなじむのと似ている。なにも
自分の生活に変化はない・・・将来にはまだ、間取りの変更があるもの
二階だって、70歳になれば上がれなくなる。平屋住まいの家では子供達の
変える場所がない・・心配なら当初はつくればいいが、住まいかたが変わるのだから
それほど、固執することはない。安全で衛生的・・将来の自分がこのふたつを
守れるような構造の外壁と屋根と床があればいいと思うと、肩の力がぬける

6)あえて木材にこだわる
若い世代が35年のローンで家をたてる
シニアのあなたが家をたてても、90歳まであと同じくらい家に住むわけです。
そんな時、修理をすることが必要
プラスチックはきれいで腐らないくてカビがつかないが、10年経つと
酸素と化合して劣化してくる。修理がきかない。ならば、修理ができる
材料の木材をあえて選んで将来の修理は自分でできるようにしておく

7)あえて自分でつくってみる
日本では家は買う物。米国では家は自分でつくるもの
この差、意識の問題。若いひとなら、ハーフセルフビルドも視野にある
60歳なら、内装のペンキなら、工事が自分でもできます。
クロスでなくペンキを選ぶと、インテリアのリフレッシュや修理も自分でできる
米国流に自分で家は建てる意識をすると
家は大事にあつかって、自分の工夫ができるので、
ホビーになり人生が楽しくなります。

*************************************
【中庭のある家】で家族二代・三代が長く使ってうと、孫子は住宅ローンがなく子孫繁栄住宅!
確一的な建売でなく、自分の個性的な家を【リノベイト】で施主が工事に参加するハーフセルフ・分離発注で家を建てる。結果【資産価値】の下がらない、賢い選択

tsekkei 054-354-0182
tsekkei ホームページ
√ 営業・活動エリア
【】静岡県】全域
【愛知県】西部
【山梨県】南部
【神奈川県】東部
by tsekkei_net | 2015-10-03 10:45 | 家づくり初心者の教室 | Comments(0)

分離発注をいい所どりする

家を建てるときに、改築の場合などは
取り壊しもある。そんな所までも、請負でやるにしても
安全に取り壊して、ちゃんと処分して捨ててもらえば
壊しにうまい下手はあまりないので、近所に迷惑が
かからず、工期に間に合わせて、やってもらえばいい

もしも、請負工事に依頼するのなら、
壊した後からお願いすればよい。

分離発注もいい所どりをすれば、いいのだから
建て主がチョイスをすればことたりることになる。

器具調達も自分でやりたいなら
イケヤでもいいし、ネットで通販でもかまわない

これも分離発注にいい所どりになる。

建て主が自分で工事に参加されたいのなら
安全にできる段取りをつけて
工事に参加する

これも分離発注をいい所どりになる。

コスト効果は、言わずとも、ローコストに
なるに決まっている。

そんな分離発注のいいところと
悪いところを聞きたいかたは
週末の個別相談があります。ので
ご参加ください。

こちらから

*************************************
【中庭のある家】で家族二代・三代が長く使ってうと、孫子は住宅ローンがなく子孫繁栄住宅!
確一的な建売でなく、自分の個性的な家を【リノベイト】で施主が工事に参加するハーフセルフ・分離発注で家を建てる。結果【資産価値】の下がらない、賢い選択

tsekkei 054-354-0182
tsekkei ホームページ
√ 営業・活動エリア
【】静岡県】全域
【愛知県】西部
【山梨県】南部
【神奈川県】東部
by tsekkei_net | 2015-10-01 13:23 | Comments(0)