カテゴリ:ゆっくり寝室のコツ( 1 )

ゆっくりとくつろぐ寝室のコツ

「あなたは余命半年です」と言われたら
どうするんだろう・・株や債権を現金にして豪華に海外旅行

はたまた
「カウンタック」など効果な車や金品を買うのか

たぶんそんなことはしないで、「プラシーボ」や「キルイータ」などの
保険医療でまかなえず、年間数千万でも、あるかぎりで最先端の免疫療法にかける
ほうかもしれませんね

また
宝クジで「当選1000万円」では、また貯金してまた何かの時に使うために貯金でしょうか

では、「ゆったりとした寝室」をつくる時はいつなのか

まだ、60歳前後でこれから、30年は自宅で生活する
娘。息子も独立して、部屋があちこち余ってしまった
隙間風が入る感じもある・・これからまだ住むので・・という感じで考える
これはアリですね

改修も二階の息子・娘の部屋は里帰りした時の万が一の客間
(たぶん世帯を別に建てた時は、家に帰らずに自宅にいるのは、説破つまった夫婦けんかかも
それなら。口実をあたえないよう、はやく自宅に返る意味で子供部屋はなくしたほうがいいかも)
は別に改修しなくても、自分の部屋は二階建てに建てた家でも平屋に住まうような
暮らしかたをかえた方がいい時期がありますね

一番簡単なのは、一階の何故か南側にある和室を台所にして
台所を寝室にする、ツメ将棋のような改修・・これだと
住み始めて30年やっと始めてわかる
「我が家にも日当たりがいい場所で食事ができるんだなあ・・」
またこの時にぜひ、テーブルと椅子は新調していいものを
(いいものとは、身長にあった椅子の座面の高さ、本物の木のテーブルと椅子)

さらにさらに。。。ここからが大事

寝室にぜひいれたいもの・・・・ホテルベットで定価30万円くらいの
ベットのスプリングコイルがいいもの・
(ソファとベットはどうしてもこのスプリングの善し悪しで値段がかわりますが
値段があがらないと、ベットの感じがあがらない・・感じでは実売で10万円から20万円ぐらいの
ものですと、かなりフィット感がよりです。
(通常ベットのスプリングコイルは10年でききがわるいはずです)

「ベットはいいよ」と言われる方も

同じ部屋で、隣でいびきがしない寝室で外部の音がしない寝室でさらに
ベットが良いとかなりかなり・・・ゆっくりと寝られます。

寝られない方はまたご相談ください。医者ではありませんが、奥の手が
あるかもしれません。

ゆっくりとくつごる寝室のリフォームはこちら
by tsekkei_net | 2017-09-22 14:07 | ゆっくり寝室のコツ | Comments(0)