カテゴリ:さらに先を行く耐震性能( 1 )

シンプルな造りが倒壊しにくい余力のある家

熊本地震は今までに、起きた地震とは違う次元に耐震性能を求めている。
通常の耐震性能は1981年以降から何度となとく、地震の災害があるたびに
改定が行われ、1981年の当初から三割から4割増しの性能をつけるとことが
現在の基準となっているが、その現代の基準をもってしても
震度7が短い時間で二回おこることは、想定外であり、新しい基準でも柱と
梁の接合部分が破断して倒壊する建物もあった。

耐震性能は、建築基準法の最低限の基準は、昔の屋根や外壁の重さをもとに
つくったもので、断熱性能などや新しい素材でつくる今の住宅は、昔より
重くできている。F=MAという物理の公式は理数科系の高校の授業では習う
物理法則だが、地震の力は建物の重さに比例する

木造より鉄骨さらには重い、コンクリートであれば、建物の重量も1.5倍以上重くなり
同じ面積の家なら、地震の時の揺れの力は大きい
ただ、それにあった基準でもつようには作られているが、どこまで割増しにするかは
補助金の基準さらには、設計者の判断になる。
2000年につくられた耐震等級では三基準が一番ハイグレードで
建築基準法の倍程度の耐震性能の割増しがだが、震度7が短い時間で二回くる想定は
少ない被害でクリアーできるはずだが・・・

年々大型する耐震性能は震度7とは・・青天井の数値で震度7から上の8・910と
すべて震度7と云う。(テレビでは震度8もでてくるが・・構造上の表現ではない)
厳格な構造設計者は、通常の守備範囲は想定を実証している震度6までの地震いついて
であり、青天井の震度7は対応していないと、はっきり云う。

それが分かっている坂本功さんの説明では、木造はどんな地震でも耐えられるわけではない
耐震の余力はあるが。さらに耐震に余力をつくるには、
シンプルな造りにする・四隅の柱は上下の柱位置を合わせる・吹き抜けは大きく作らず
あまり広い部屋は作らず、窓もあまり大きくしない・・ことを勧めている

f0057011_1517521.jpg


ホームページはこちら
√ 営業・活動エリア
静岡県内
西部地区
浜松市(北区・西区・中区・南区) 磐田市 掛川市 袋井市 湖西市 御前崎市 菊川市 森町 新居市 湖西市
中部地区 
静岡市 焼津市 岡部町 島田市 大井川町 吉田町 川根本町  藤枝市 袋井市 掛川市 御前崎市  
東部地区
芝川町 富士市 富士宮市 裾野市 沼津市 三島市 伊豆の国市 伊豆市 下田市
山梨県内
甲府市・勝沼市・韮崎市・中富市・南部市・上九一色市・河口湖・山中市
by tsekkei_net | 2017-04-07 15:18 | さらに先を行く耐震性能 | Comments(0)