カテゴリ:密集地域の木造改修ツボは窓廻( 1 )

密集地域の木造改修のツボは窓廻りの防火性能をあげる

糸魚川で耐火があったのは約40年ブリだが
密集地域で起こる火事は木造だから燃えたのか

防火の専門建築家、安井昇さんは、耐火の糸魚川の現状を見て
燃えた住宅は建築の専門家が住宅の改修を行ったあとはあるのだが
内部の改修が主流で、外部の防火対策は行われないかったのが
原因だという

木造は基本的には30分間外部からの延焼をくいとめれば
消防が10分から20分で現場にくるので、消火される

それを期待して、設計をするのが骨だという

木は燃えるのであるが、燃えていても木造の板は熱くはならない
材料特性がある
ただ、穴があいて、「燃え抜ける」ことがあると火は建物に入ってくる
穴とは窓のことだ

通常のガラスは隣が燃えたら数分しかもたない直ぐに
割れて火が入ってしまう。

糸魚川火災でもあんな耐火でも残った「奇跡の建てものがある」
窓が小さく、隣と窓の位置がずれていた。廻りが駐車場など
空き地だった。この二件は奇跡的に残っている

じゃ、この事を鑑みて
改修で外壁を現在の基準にする・・・これは大きなお金がかかり
立て直すにも匹敵するかもしれない

安井さんは、今の基準ではありませんが、熱い合板28ミリぐらいのものを
窓の枠にぴったりはいる用意して、隣で家事があったら、それを
窓にいれて逃げれば、合板は1分で1ミリしか燃えないのだが
ガラスが割れても28分間隣の火が家にはいれなければ、燃えない可能性が
たかいはずだ

燃える家は、窓の性能が防火的じゃないのが問題なんだという

網入れガラス、防火ガラスにガラスを変えること・・これがまず
密集地の木造改修の防火的性能を上げる第一のこととなる

ホームページはこちら

√ 営業・活動エリア
静岡県内
西部地区
浜松市(北区・西区・中区・南区) 磐田市 掛川市 袋井市 湖西市 御前崎市 菊川市 森町 新居市 湖西市
中部地区 
静岡市 焼津市 岡部町 島田市 大井川町 吉田町 川根本町  藤枝市 袋井市 掛川市 御前崎市  
東部地区
芝川町 富士市 富士宮市 裾野市 沼津市 三島市 伊豆の国市 伊豆市 下田市
山梨県内
甲府市・勝沼市・韮崎市・中富市・南部市・上九一色市・河口湖・山中市
by tsekkei_net | 2017-01-30 07:04 | 密集地域の木造改修ツボは窓廻 | Comments(0)