カテゴリ:ZEH( 1 )

ZEHだから健康という訳ではない

日本の温暖化炭酸ガスは12億7千万トン・・約日本の人口一人10トンにないrmす
パリ協定を達するということは、業務家庭にいまより40%の削減目標をかかげています。
あと3年の2020年には義務になるZEH(ゼッチ)だけが目標削減の道具になりそうです。

とわいえ、これは新築の話で空きや屋を除く既設住宅5000万戸の家でも削減が目標とさます
例えば、2030年までの17年間に
新築を年間90万戸つくると1500万戸が入れ替わる事になります。

しかし残る3500万戸をどうするのか、改修は手が回らないとすると
機器の更新を補助金で更新させることになるようです。

50万円の補助金を3500万戸に配ると17兆5千億円で17年間には1年い1億円の
補助金になります。

再生エネルギーの固定買い取り制度では(Feed-in Tariff)は2012年からはじまり
昨年は1.8兆円今年は2.3兆円になるそうですが、全体のエネルギーの3%が増えた程度です
これらを進めならば、年間1兆円の補助金お方が安くなる

それならば、全体を考えれば、太陽光など再生エネルギーをやめて補助金にして
機器の交換をそくする方が主流になってもおかしくない。

近い将来新築はすべてAZEHになる
ZEHは今の住宅程度の寒い家でもエネルギー的には
太陽光発電を5KW程度のっけるだけで達成させる。
売れる住宅は住宅が補助金などのバランスがいいと
宣伝するのだろうが・・

住宅の体感性とすれば、朝起きての温度が10度が最低
15度くらいになるような、工夫のある断熱・暖房の家になるのが住む人には
期待されることだろう
この建てる人と造る人とのミスマッチは
温暖化ガスの削減と朝おきる住宅の温度との差が原因だと
分かる設計者も少ない。

ホームページはこちら

√ 営業・活動エリア
静岡県内
西部地区
浜松市(北区・西区・中区・南区) 磐田市 掛川市 袋井市 湖西市 御前崎市 菊川市 森町 新居市 湖西市
中部地区 
静岡市 焼津市 岡部町 島田市 大井川町 吉田町 川根本町  藤枝市 袋井市 掛川市 御前崎市  
東部地区
芝川町 富士市 富士宮市 裾野市 沼津市 三島市 伊豆の国市 伊豆市 下田市
山梨県内
甲府市・勝沼市・韮崎市・中富市・南部市・上九一色市・河口湖・山中市
by tsekkei_net | 2017-01-31 15:18 | ZEH | Comments(0)