カテゴリ:狭小住宅( 1 )

狭小住宅ってどこまで巾は狭くできるのかとシュミレーション

小さい家でコンパクトにつくる・・どこまで巾は狭くできるのかとシュミレーションをしてみた
大事なことは狭いといっても、ただ単に広く・広くと隣地境をいじめるのは
メンテナンスで人が作業できないと、家は広くなってもシロアリなどにやられて
駆除できないのでは、住宅をつくっても費用効果は少ないように思う。

隣地境を50センチあける・・という民法からの解釈もあるが
商業地など、高額の土地では隣地に一杯にたてるのは常識!
それに繋がり、住宅地でも昔から隣地一杯にたてているところもずいぶんある。

床下にもぐると、大概シロアリに数十年でやられているが
隣地境は作業ができないので放置している
シロアリにやられると繊維がなくなり柱はスカスカ・梁もスカスカ
釘がきかないので耐震性能はガクットなくなる。
大惨事になるかもしれない

狭い土地にたてるとといっても50センチの巾で隣地からあけたい、両側に
隣地があれば50センチずつあける

注意するのは壁の中心で面積を算定するのでこの50センチの空地をあけると
壁の中心までは60センチ程度になる
つまりは60センチの二倍の長さ120センチ+建物の間口の巾が敷地の巾になる

車もおきたい、窓は大きくというと、間口は当然がらんどうになるが
耐震的な要素は押し入れや便所・洗面・寝室などの壁を上手に使うと
二間(3.64m)の住宅間口がとれる・・奥行きは二間半(4.55m)の三倍13.65m
建物は二階だと30坪程度(駐車場がはいるので実際はもう少しすくないrが)

敷地が4.84mx21m程度あれば住宅地で60%の建坪率で200%程度の容積率が
とれる場所なら建築可能となる

三階でも建つが、建設費用を1800万円から2000万円程度だとすると
二階で個室は3つ程度に押さえてつくると可能という事になる。

f0057011_1662954.jpg


簡単なCGだが、中々小さいわりには、いい感じになる!

ホームページはこちら
√ 営業・活動エリア
静岡県内
西部地区
浜松市(北区・西区・中区・南区) 磐田市 掛川市 袋井市 湖西市 御前崎市 菊川市 森町 新居市 湖西市
中部地区 
静岡市 焼津市 岡部町 島田市 大井川町 吉田町 川根本町  藤枝市 袋井市 掛川市 御前崎市  
東部地区
芝川町 富士市 富士宮市 裾野市 沼津市 三島市 伊豆の国市 伊豆市 下田市
山梨県内
甲府市・勝沼市・韮崎市・中富市・南部市・上九一色市・河口湖・山中市
by tsekkei_net | 2016-11-25 16:08 | 狭小住宅 | Comments(0)