カテゴリ:50才からの間取り( 5 )

乾燥する冬に、ヤカンを暖房機器の上で加湿の為に使いたいあなた!改修のコツ伝授!

乾燥する冬に、ヤカンを暖房機器の上で加湿の為に使いたいあなた!

多いと思います。ベットでなく布団で寝ていると、暖房をしているとドンドン空気が
乾燥していくと思いませんか

実は暖房の温かい熱は気密がきいていれば、天井から時間を追うごとに
温かい空気が上からどんどん詰まって床まで届いていきそうなのですが

実はどんどん天井から抜けて、平屋なら屋根に消えていき
二階建てなら、二階の床は暖房しなくても一階の暖房の暖気でポカポカなのです。

温かい空気が天井から抜けていくと、バランスをとるように床下から
冷気が一階の床に流れてきます。

気密がない家は暖房をすればするほど、一階の床は冷たい空気が流れるいるのです。
また畳などの床上は暖房された空気が湿度も持っていきますので、乾燥した冷たい
空気の下で布団で寝ているのが事実なのです。

2000年以前に建てられた住宅では、フローリングの下はほとんど断熱もありませんので
断熱のない合板の床はこれも触ると冷気が感じる冷たい床になっています。

また昔の床は床下の高さが45センチ程度しかないので
人が入って断熱をいれるのは一苦労です。入れられないですね

どうしたらいいのか、思いついた1つに

二階の防音の為に開発された、断熱材・・・これを一階の床にひいて
さらに無垢床をつけたらいいじゃないかと・・

防音の為に造った商品だが、材料は断熱材だし・・

断熱計算をしてみると、一階の無垢床で床下は外気なので
室内20度程度想定して床下0度を仮定して16畳程度のリビングの広さで
無暖房で5000カロリーの暖房必要が必要な床が断熱+無垢床で1/5程度に
なることが分かった。

暖房温度は余り低くしなくて、20度程度に抑えて
空気が多い無垢床の杉材を断熱材の上にはれば、体感温度はずいぶんと違う
ようになる分けです。

畳などは上から取り外しが効くので合板+断熱をたっぷりとした床が簡単にできる
問題は無断熱のフローリング部分なのだが、この既存の床上に断熱材10ミリを
ひいてさらに、無垢材15ミリをつくると、断熱床ができ、建具も15ミリ程度なら
下部分を切断して対応が可能だという。16畳のリビングなら25万円程度で可能になるが
できれば、段差をつくらず一階部分はすべて・・やりたいところ

廊下などは経費削除で断熱床から除外されそうだが、寝室から便所に通う場所は
パジャマで歩く場所、裸になる洗面所、トイレもこの場所を断熱にすると・・
シニアが夜何回かかようトイレの時に寒い思いや、血液障害のリスクが小さくなので
ぜひ、この部分も忘れずに、床断熱としたいところ・・・ここが改修のコツになる。

ホームページはこちら
√ 営業・活動エリア
静岡県内
西部地区
浜松市(北区・西区・中区・南区) 磐田市 掛川市 袋井市 湖西市 御前崎市 菊川市 森町 新居市 湖西市
中部地区 
静岡市 焼津市 岡部町 島田市 大井川町 吉田町 川根本町  藤枝市 袋井市 掛川市 御前崎市  
東部地区
芝川町 富士市 富士宮市 裾野市 沼津市 三島市 伊豆の国市 伊豆市 下田市
山梨県内
甲府市・勝沼市・韮崎市・中富市・南部市・上九一色市・河口湖・山中市
by tsekkei_net | 2016-11-12 18:29 | 50才からの間取り | Comments(0)

50才からのマドリ、「大人が複数住む家は子育て家族の間取りとは違う」

間取りを考えるとき
部屋数だけをどう敷地に入れるのか
家具ははいるのか・・など方眼用紙に書いていくと
あなたの今お住まいの家ができるはずです。

子供時代にすごした家はたぶん子育て世代の時に
造った家で
子供部屋を子供のカズだけ造った
あとは皆で
トイレ・食事・浴室・娯楽(テレビを見る)・書斎があれば・・いいが
和室と押し入れ・玄関という程度かもしれない

この家のタイプは子育て世代にあうようい部屋カズを調製しているので
子供がいて夫妻がいる家族には、目的があっていることにある

しばらくして子供が育って大人になると
夫妻と大人関係がいままでと、不合理になるときがある
夫妻とは別のお友達が来る・暮らすこともあるかもしれない
国際的な今では、宗教も違うとか黒い肌の人もいるかもしれない

この大人の関係で暮らすには戸建て住宅は

普通の夫妻と同じ名字であると、トーチャン・カーチャン・おにーちゃんにおねーちゃんと
名前でなく、家族の関係で話す人を対象にしているので
マスオさんのように名字が違っても婿のような婚姻のあとに暮らすことであれば
二世帯という名前でまた子育て住宅が機能する

しかし、子育ては夫妻が片親・死別・離婚などもあり
ステップマザーとよばれる連れ子なども考えると
子育て家族のように、同じ血筋で暮らす家では・・不自然となる

映画の「おとうさんと伊藤さん」では
34才の娘と54才の同姓のアパートに74才の父親が息子夫妻の
家にいたたまれてなくて、住み始めることから設定になっている

父は娘を「キミ」と呼び、自分の主張を・・「・・した方がいいじゃないか?」
と丁寧に話し・・かたくるしい人間関係が二つの部屋のアパートで繰り広げる

ちょっと遠方に移ってもうひとつの部屋があるアパート一軒屋に同居する
方向で終わるのだが・・

子育て世代では、家が夫妻子供単位のユニットで世間体があり
暮らしていくのに、現在は大人が複数で暮らす・以前と違うルール
で暮らすことになる。

この辺が子育て家族の間取りでは、大人が複数で住む家では新しい
ルールが必要になる。

大人とは、家にそだった結婚しない息子や娘も・・立派な大人で
一緒に暮らすには、子育て家族の間取りでなく、他人が入ってきた
ように暮らす間取りが必要だということになる。

シニアになれば、食事をつくることはケータリングに
浴室は介護の施設で
読書はできなくなり・・テレビがお友達と
がんこになり、皆で同じテレベ番組は見ない!
家での行動も違ってくるのだ

また夜でもお友達と一緒にしゃべりた
お酒だって飲んでいいし・・なんて事
ないですか・・おかあさん!

ホームページはこちらから


静岡県対応エリア
全域
静岡市・島田市・焼津市・袋井市・掛川市・御前崎市・菊川市・牧之原市・岡部町・大井川町
吉田町・川根町・芝川町・富士市・富士宮市・沼津市・湖西市・浜松市(北区・西区・中区・南区) 伊豆
湖西市・鷲津
愛知県対応エリア
豊橋市・新城市
山梨県対応エリア
身延町
神奈川県対応エリア
箱根・小田原

県外対応可能です。他のエリアはご相談ください→tsekkeiへ
by tsekkei_net | 2016-10-28 11:24 | 50才からの間取り | Comments(0)

二階リビングで風景を楽しむ、家の究極のごちそうは外からやってくるのだ

設計者が行く間取りのスキルアップセミナーで伊礼智さんと田中工務店の社長の
実例を聞くことができた。

東京での田中工務店の敷地は狭小・変形が多く
30坪の敷地は大型物件・20坪であたりまえ(車は1台あるのか)
15坪あたりもあり(この辺あたりでは車はあきらめて設計する)

敷地の小さいこともあるが、ローカルルールと言っていたが
斜線制限が道路から北側からトンできて
簡単には3階は作れない。軟弱地盤も常にあるそうで
簡単に地下にいかれないのは、単価と地盤のせいかもしれない

大工の三代目という、うたい文句の大工の集団は変形敷地でも
二階にリビングを配置して、最大ボリュームの中に施主の要望を実現する
実に造りつけのテーブルソファ階段は伊礼さんゆずり(伊礼さんの仕事もしてリスペクトはしているそうだが・・)ディテールまで修練している

伊礼さんの設計は簡単のようだが、吉村順三さん(伊礼さんのルーツの建築家)
のように簡単でいて、実はアクロバティックな細かい寸法や逃げのない納まり(間違うとやり直しになる)
詳細な寸法・仕上げが多いのでこの建築家の仕事をすると鍛えられる。

最近は家具作家のこいずみ道具店の仕事もお手伝いしているそうで
Jボードを大工につくらせる「わざわざ」という一連の製品ではテーブルの他に椅子も
つくるというからすごい(椅子は重く頑固につくるのは以外と簡単なのだが・・どうなんだろう)

話はずれたが、二階のリビングは少しでもお日様を受けて生活をしよう
さらには、どこか家なみの隙間に緑を風景をまぐれで富士山など見れたら
すばらしい

この東京での設計ではアタリ前の二階リビングは理解ができるが

伊礼智さんの紹介の実例では、地方でも二階リビングになるのがおもしろい

キーワードは「豊かなものは外部からの」ちう矢野茂樹さんの言葉からだという

造園を駆使する荻野さんとの共作は最近の名コンビだが・・山並み繋げる樹木
建物を隠すように立面図に華道のように書いていく、振り出し・添えなど華道の用語だが
造園屋は花をいけるように立面を仕上げ

さらに、最近は大きな引き込みの窓(気密の為、既成特注木製サッシ)を使い
大きな開口に風景を画家セザンヌが晩年山あるきして描いた「セントビクトワール山」
を抽象化して描くように近景・中景・遠景と構図を決めるように造園・建築で
作り上げていくという。

通常の家なら、家づくりした夫妻は共働きして二人とも
日中は不在で日差しがどうのこうのと、わめいても、施主の琴線には触れないのだが

家をつくる究極のごちそうは、風景を部屋の中から眺めて、その様子に四季おりおりの
風情を感じることに、造園と自然が応える

そういえば、自分が散歩するみちは確かに、小川の側道で目の視線には山並みが
変わる風情に四季を感じているのだと我にかえる

静岡市だと西に日本平、北に竜そう山・・これを見るには確かに二階でリビングをつくる
ロケーションのいい敷地が必要となりそうだ

ホームページはこちらから

静岡県対応エリア
全域
静岡市・島田市・焼津市・袋井市・掛川市・御前崎市・菊川市・牧之原市・岡部町・大井川町
吉田町・川根町・芝川町・富士市・富士宮市・沼津市・湖西市・浜松市(北区・西区・中区・南区) 伊豆
湖西市・鷲津
愛知県対応エリア
豊橋市・新城市
山梨県対応エリア
身延町
神奈川県対応エリア
箱根・小田原

県外対応可能です。他のエリアはご相談ください→tsekkeiへ無料相談
by tsekkei_net | 2016-10-19 16:22 | 50才からの間取り | Comments(0)

新しい間取を学ぶ(夫婦別室)

設計者も、スキルアップ講座に参加する
間取りも雑誌等で見るものは、建築家が考えた特殊な間取りもあるが

皆がやらない材料工法など、目先だけよければよい店舗ならいいが
(店舗だと10年くらいもてばいい・・たいがい10年リースの場合が多い)

10年たつと、外壁の塗装もはがれて、庇からおちる漏水など
人が見えない10年先もトレーニングで想像ができる年になったか

何もしてないようで、さくさくとやっている設計者の話・セミナーなどで
スキルアップするのは楽しい

静岡木造塾もその一つで、都会の設計者が静岡まで出かけてきてくれて
色々な自分の得意技を紹介してくれる

昨日も東京で売れっ子建築家の伊礼智さんの講習に参加してきた

東京芸大卒業の建築家は吉村順三さんの住宅設計力を引き付いだ方が
多く、伊礼智さんも、めでたく今年東京芸大の非常勤講師に就任されたそうで
間違いなく吉村順三ゆずりの設計力のある人である

今回の説明は、全国の都市の、工務店の社長宅や営業さんの
プロの方の自宅の設計事例がいくつかあり

自宅から見える風景に焦点をあてて、二階の食堂、居間からの窓からの風景
二階の車庫上すのこ(10畳ぐらいある)から
風景を取り入れる為に
遠景、中景、近景と建築と造園でつくるオープンに窓をあけて楽しむ家の紹介が素敵だった

社長宅はさらに、営業的に顧客のモデルルームとして働くことを期待して
つくられている。居間のソファや食堂に客が座っても
キッチンの流し台は見えないように、さらには裏動線(家事の移動)と手動線(客の移動)
のダブル構造になっていていて使いやすそう

単に対面キッチンのテーブルだけにうかれてつくるハウスメーカーのレイアウトでは
ハシ・調味料・新聞・みかんがおかれて、三日もすれば、テーブルの上は家族の
便利用品がおかれると・・来客があってもかたづける手間がうっとうしく
客もこなくなるものだが、この辺もさすがに、修練されている

顧客の設計の紹介もある
出版関係のかたがお客さんだと紹介があったが、二階に最近の定番のようだが居間と
娘さんの部屋は二階だが一階には
通り土間の階段を境に
夫婦の寝室が両側に配置してある。
寝室には専用の趣味室が付属しているのも印象的
娘さんと三人家族がこの寝室+趣味室の
セットが三つあり、現在の大人が住むには、この間取りなんだと

皆集まるには居間だが、自分の時間がほしいときには
自分の部屋で好きなことをして暮らす、さらにはこれなら
自分の友達をリビングでなく、個室付属の部屋に招くことも
できそう。

これを展開すれば、敷地の面積がゆるせば中庭型式でも
展開できそうだ。

東京での設計では坪単価が120万円から100万円の建築家なので
値段もあがるが、大人の間取りはここまで値段はださないにしても
個人の空間が付随して暮らす、大人の集まり干渉されない距離がある間取りがいい

ホームページはこちらから

静岡県対応エリア
全域
静岡市・島田市・焼津市・袋井市・掛川市・御前崎市・菊川市・牧之原市・岡部町・大井川町
吉田町・川根町・芝川町・富士市・富士宮市・沼津市・湖西市・浜松市(北区・西区・中区・南区) 伊豆
湖西市・鷲津
愛知県対応エリア
豊橋市・新城市
山梨県対応エリア
身延町
神奈川県対応エリア
箱根・小田原

県外対応可能です。他のエリアはご相談ください→tsekkeiへ無料相談
by tsekkei_net | 2016-10-16 14:59 | 50才からの間取り | Comments(0)

60歳を過ぎたなら、病院に金を使って治療するのでなく。家に金を使って病気の予防につとめる。

暑い日が続く・・節電の必要もあるが、最低の温度でエアコンをつけ熱中症に

対応した方がいい。

がまんをせずに、節電をして、エコな暮らしをする、一つとして

家の断熱性能を上げることがある。

夏のバージョンでは家が外から入る・・暖かすぎる毎日の日差しや熱を

遮ること

冬バージョンでは家の暖房の熱を外に出さないように、冷気が家にはいら

ないようにすることがある。

耐震性能と断熱性能は、通常の建物では20年近くで同じ新築でも4割近く上がっている。

現在の家でも、機会があれば、耐震と断熱性能は上がる事を進めたい。

改修などで、断熱・耐震を家全体ではかると、1200万を超えるはずである。

一件建てる金額に、びっくりする人もいる。

しかし、これから30年使う。家は新築から30年建ってもう30年使う。

(60歳で家主が改修してももう30年使うのである)

新しい、家に移り済むのも、娘・息子・夫妻のところへ転がりコムのも

一つの手だが、見ず知らずの所で、近所付き合いは面倒だし

娘・息子・夫婦の家では、孫はかわいいが、四六時中だと

疲れてしまうし。人の家なので、自分が価値観・生活を合わせなければ

いけない。

この煩わしなさをなくするには、今の家を改修するのが

自分の生活のリズムや価値観などを変えなくていい

あと人生の後半30年の為のソフトランディング。

この長い時間を考えると、断熱性能を家全体上げると15年以内には

使うガス代・電気代で改修する事が分かって入る。

エコや節電は新聞紙上で口当たりはいいが、我慢は自分の体の為にならない。

改修費用1200万は高額でも、60歳で行う改修では、借り入れはしたくない。

手持ちの現金で改修をしたい方が多い。

1200万は30年で一日約1000円の投資である。地震で仮設住宅にはいることや

冷ショックで体調をくずして、身体障害者で延命だけは避けたい。

60歳を過ぎたなら、病院に金を使って治療するのでなく。家に金を使って病気の予防につとめる。

お迎えがくるその日まで、今の家で普通の生活をして

生涯現役に暮らすことが、60歳以上の毎日の暮らしの病気知らずを作っていく。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
T設計室一級建築士事務所電話054-354-0182


素敵な我が家をつくるT設計室のホームページ
skype
tsekkei_net
twitter始めました。
https://twitter.com/tsekkei

□■
by tsekkei_net | 2011-07-19 06:59 | 50才からの間取り | Comments(1)