きもちいいは、天井をひくく、窓の数を減らす、天井に照明をつけない

イレイサトシさんの設計上達のために
「とりあえずの三つ」
一 天井を低く抑える
二 窓の数を少なくする
三 天井に照明をつけない
とある

天井は通常2.4mであれば、あとから
天井にライト、和室・食堂ならペンダントを適当につける
みたいな、いい加減な設計はできない

イレイさんが推奨する
天井高さは2.1mは基準法で最小の高さである

使ってみると、部屋が広く見える

窓は最小限だが、窓の先には、緑やスノコからの光の反射があり
上手にプライバシーもある

家の外に、(敷地の外の山や風景など)窓から見えるだろう
何かは住む人にきもちいいを与えてくれるもの

四季におり、風化しない、きもちいいものは、日本では
緑であり、風であり、木洩れ日や光

一番遠方に風景が見えるところを居間の中心にまず考える
ことも、設計の考える基本の一つになっている

家が家の中で完結すれば、日本中どこの敷地でも
たてれば、きもちいい家ができるはずで、ハウスメーカーがいうところの
気持ちいいでもある。

建築家は敷地の中に、きもちいい風景を取り込む窓を最小につくり
家では完結しない広さを住まい手の生活のなかに織り込むことを
めざしている。それがきもちいい 家となる

ホームページはこちら
# by tsekkei_net | 2017-10-21 10:31 | 小さな素敵な我が家の作り方 | Comments(0)

床が見えるようにかたづけると、なぜだか女性がきれいに見える!

断熱材を何にするかと、設計者なら色々調べるが
一般の人は、宣伝文句の上で、「この断熱素材は健康的で。あの断熱素材は燃えると毒ガスがでる
・・」だからこちらが・・などと、営業マンのトークを聞いて勉強すると、それを設計者にも
説明してくれる方がいる。断熱という素材で、ハウスメーカーと工務店と設計者を選ぶこと自体
無謀なこと。

防火の専門家に「どの断熱素材がいいですか?」と聞けば
家事がおこれば、内部は200度以上になっていて、普通の人は生きていけない

断熱素材は火事場の中で、選択は無意味だと一笑されてしまった。

それよりも火事が起こる部屋の入口付近に、ビニール製の人形などを
コレクションしておくと(低価格でそろえるアニメや人形など)これは
火事になると一気に燃え上がり、黒煙をあげて、逃げる人の道をふさぐ
建築材料は建築基準法で最低の性能を義務つけられているので

デパートなどやビルで火事がおき逃げ遅れて大火災の災害があれば
是正をして、燃えにくくしたり、スプリングクレアーをつけて非難時間をかせぐ
また毎年消防からパトロールがあり、非難通路に荷物があれば、片付けさせられる

だが、住宅は住む人が自分の見を守られなければいけないので
このあたりは、買うときの営業マン達からは教えられないことなのだが・・

やはりすっきりと暮らす

床には物が山つみでなく、置くところがないのなら処分する
使えるものこそ、処分しないと、いつまででも家に置いておくことになり
使える賞味期限も関係なく、未使用で古くなっていくだけだろう

秋晴れの高い空で、やっと背伸びができる時期になってきた。

ここで、一度、家の冬支度を順にやっていくときに、床をきれいに
動きやすくして、ダンスをする分けではないが、
床をきれにすると、反射光があごからあたり、アンチイジングの効果で
女の人がきれいに見える・・はづである

女性がきれいになっても、気が付かないこともあるので、床をきれいにして
「何かかわったなあ!」と気が付かせる方法もある

ホームページはこちら
# by tsekkei_net | 2017-10-05 13:44 | 家づくり初心者の教室 | Comments(0)

ZEHで家を建てるだけど、快適じゃない

ZEHのゼロエネ住宅は東京オリンピックのあとはこれしか
たてなれなくなる。
だから、流行のものにのっかる・・という方もいるが

ZEHのゼロエネ住宅だから、快適な住宅とは違う
注意が必要だという専門家が多い

ZEHのゼロエネ住宅は、原発などの影響で
日本の電気をどう供給するかということで
太陽光発電をたくさん乗っけると、簡単にゼロエネ住宅になる

かといって、住まいの断熱や暖房や冷房さらには
住まい方などの仕方は手つかずで、節約ばかりでは
家の方の住まいの快適なところは手つかずのままとなる

太陽光は東京オリンピックの年に予定の電力がたりる
予定で、売電価格がさがる

ただ車が電気自動車だと電気が足りなくなるが、蓄電池がなく
昼間だけしか働かない太陽光発電ではまにあわない

なにかまたでてくるが、まずはエネルギーはゼロエネの前で
太陽光発電をのっければ、ゼロエネになる
「レディゼロ」 米国の住宅の仕様だが・・この辺を目指して
住みやすい方のインテリアも
日常つかう生活がしっかりとしたい

最近はイレイさんのめだたないが、しっかりとしたインテリアで
テーブル家具さらに
外構樹木までしっかりとデザインされた
住宅が自分の設計では多い

家具やスタンドなどの照明はやはり、ちゃんとそろえて
ある住宅がきもちいい

個別相談はこちら
# by tsekkei_net | 2017-10-03 10:36 | 50歳からの親との二世帯 | Comments(0)

介護住宅という選択

家づくりは、その家族の人生のステージ(場面)での生活で
若いひとりものは、実家にいる(パラノイア)かアパートなどで生活
そのあと
夫婦になり家づくりははじまり
子供ができて「育児住宅」がはじまる。育児中心の時代
子供がまだ同居していても、親のどちらかに死別があり
同居をする場合年令が進む場合「介護住宅」になることもある

この時、徳用老人ホームの個室のように、個室にて専用テレビとエアコン完備で
一日中部屋でテレビを見ていると、認知が進むことになる

インターネットの時代では若い人はネット中毒で毎日ネットがないと
日がな一日画面の前でネットを見ている
「モーガンフリーマン時空を超えて」の番組で「ネッ社会は世界を滅ぼすのか」
解説では、若い方を調査してネットずけの人の脳は10年経過すると
脳が小さくなるようです。若い人でも老人でも画面に没頭して
ネットでもテレビでもオナジ症状がでてくるのは、なにか共通してことが
あるようです。

介護する住宅は自分の家でも、始まったことの1つですが
長生きの時代で親との同居をすると、始まることのようです。

ただ、通常の家での生活・快眠・快食・快便ができて
人生を楽しむように、おしゃれをして、人に会い、感激することを
孫や子供さらには友人と送ればいいのですから、楽しい家に
住むことが介護住宅になります。

家の個別相談はかちかから
# by tsekkei_net | 2017-09-30 13:54 | 介護住宅 | Comments(0)

外の物置きを常備する

家の物入れと外部のももの入れを比較すれば、内部の物入れは数倍する
家の小屋裏収納・天井裏収納・床裏収納を床面積がかからぬから
お得だと、一生懸命つくる家もあるが、天井は1.4m以下が必須で
腰を曲げて荷物を出し入れしなくてはならず、広い場所でも
奥の荷物を出すための通路を物入れにもつけることになり
腰を痛める・価格は必然あがる・耐震上は家の荷物の荷重が
あればそれは耐震性能をそれなりにあげる必要もある
目を皿のようにして、収納をつくり
荷物を入れるところばかり作っても、そんな場所に収納するものは
入れて、半年もすればわすれてしまい
必要なときには、でてこない

お子さんの教科書や小さくなった衣服はまだ使えるとしても
今の時代、安くてきれいな服は子供でもあたりまえで
昔のようにお下がりを着る子供はごくまれだ

必要なところに必要なものはあることが条件だとすると

震災で容易するものは、仮定が家が倒壊ましくは、入れないことを
想定しているのだから、家の外、外部におくことが前提となる

玄関の前は、必要なものが多く
ホウキ、ちりとりから植木があれば剪定するハサミ
ホースやスコップや自転車の空気入れなど
この辺がすぐにでてくる家は、収納上手だといえる

収納上手な家のホームページ
# by tsekkei_net | 2017-09-29 15:37 | 片づく家には、秘密がある | Comments(0)