キッチンをつくるとき、食器乾燥機はつけるべきか

数年たったメンテナンスの家に訪れたとき
相談があった。

食器乾燥機つかわなないから取り外しできないのか

食器乾燥機などは、家づくりの
台所・洗面・トイレ・風呂を選ぶことで
家づくりをする家では、お得に機能をつけることに執着しがちで

食器乾燥機が使って入る家なら、ビルトインの食器乾燥機は
必須なのだろうが、そうでない家では
毎回、食事のあとに食器を洗うことが習慣になっている

そんな家では、食事のあと
シンクの上で水切り棚などで、食器はあらってしまい
食器乾燥機は、ただの食器をしまう場所になっている

食器乾燥機を小さいおこさんの家での食事につかおうと思うと
中華などの油の皿は一度油を落として洗っていれなければいけないし
漆器などは、乾燥などでいたむから箸なども本当はいれられない
硝子のコップもクリスマスでつかう
高いワイングラスはもちろんカッティンググラスなども恐くて
高いものはいれられない
手であらっているのだ

食器乾燥機を使って入るひとに
なぜ、欲しいのか聞いてみると
「手に傷があり、痛くて食器乾燥機をつかった」などがお答えだった
毎回食事のごとに洗うとき、一度あらってさらにあらう食器乾燥機はメーカーの資料のように
特別に省エネになるわけでなく
セットのキッチンについていただけか
キッチンの食器乾燥機のないセットで工事費を工務店がさげる
対照にしてないから、それじゃつけとくか・・的な発想なんだろうとおもう

従来、外国で暮らす人に尋ねると
カップボードと呼ばれる、食器棚にカップがはいって
各自家族は取り出して、コーヒーなどを飲み
一日同じコップだといいが、毎回カップを変える時はそのつどに
飲み終わると、食器乾燥機にいれていく
朝は各自である食事もおおいが、ワンプレートが多く
夕食もワンプレートにもりつけて、やはり残りは
簡単に洗って食器乾燥機にいれる

ここからが肝心なところで

主人は夕食が終わったあたりで、日に一度食器乾燥機を回して
食器をあらい、寝る前に食器をカップボードに返して寝ることになる

合理的な暮らしでこれなら、食器乾燥機は日に一度
主婦の時間をつくる役割をしているが

これを日本の家族がしているかな・・とおもうと

習慣なのだが。食事のあとで洗うなら、食器乾燥機はキッチンには
つくらず収納にしておいた方がいいのかもしれない

今と同じ生活から家づくりをするのが基本で
新しい家をつくるからといって、奥さんの料理がうまくなるわけでなく(辛口ですが)
新しい電気器具が新しい素適な生活をつくるのでなく
人よりする、笑顔があふれる素適な食事をつくることこそ
新しい家にあるべきことが原点なのだと思う

製作キッチンの特異な住宅のHPはこちら
# by tsekkei_net | 2017-12-04 13:32 | 手わざ・手刻み・収納のコツ | Comments(0)

キッチンをつくる

家づくりはキッチンと洗面と風呂とトイレを選ぶ作業に誰かが
すり替えている。

最新式は収納が多めで、ピカピカツルツルが被い
人工大理石だって、プラスチックの一種だから傷がつくほど柔らかいものは
劣化するし、直せるといわれるが、そんな修理をした人はいまだ見たことはない

キッチンの扉と戸ってなどとるにたらないものの
差別化で同じ2.5m巾のキッチンが30万円から100万円まで
金額の巾があるのは、建築のプロでなくてもうさんくさい

扉はホコリをつけないようにつけるものだが、
あえてつけないようにすると、流しの下にゴミ入れがおける
流しの前でそのままゴミを処理できるので便利

プロが使うキッチンがステンスでよさそうだが
プロのように磨きぬいて、それを商品の価値を上げるために見せることは
しないので、オープンで使いやすいように
棚だけつけて、その棚がうごくように、なれば
こと足りるのもしれない。

家具でつかうシナ合板のランバーという面材があり
きれいなのでよく使う
これでキッチンをつくり、その上にステンレスの天板を
オーダーで乗っける
(グラスなどの食器はなぜかステンレスで洗うほうが破損率が少ない)
あとは、価格ドットコムで
レンジとレンジウードを別に買いつけるとオリジナルキッチンができあがる
食器乾燥機はつけてもつけなくてもいいが
今つかってないなら、水切り台が3000円程度で手に入るので
毎回あらうのなら、そちらの方がいい
あとで撮ってくれと言われるが、つけても10万円取っても
10万円(補修)にかかるのでそのままにしてある

不必要なものはないほうが便利なのだ

調味料は料理教室の先生達が冷蔵庫にいれることを推奨する
壁にかざるとかっこいいが、風味がぬけるのだ

100円しょっぷで冷蔵庫にいれるチュウブが一本ずつたつ
いれものをかってきて、そこに調味料をたてるだけで、ずいぶんと
見やすくなる

キッチンが高くてもつくる料理がうまくなる分けではない
必要に応じて、また加えていくのがオリジナルキッチンのいいところ

調理レンジ・電子レンジなどは消耗品なので
価格ドットコムでみると、定価の半分から1/3以下でも
同じ性能のものがある

キッチンは扉はなくして、すっきりと清潔で使いやすいキッチンだと
夫や友だち、母親の手が伸びてくるのではないだろうか

キッチンは使いやすいのがさいてきなのだ

使い易いキッチンの家のHPはこちら
# by tsekkei_net | 2017-11-27 09:32 | 家づくり初心者の教室 | Comments(0)

最新式でなく、家族みんなが使えるキッチン

カタログが最新情報をもってくるが
同時に、値上げの情報でもある

電気を使った自動は最新式でみたこともないような台所になったとき
いくつかのことが気にかかる

最新式になれる家族はいいが、たまにくる
おばーさんや友だちがキッチンが使いずらくい

いつも、健康ならいいのだが、誰でも床につくことがあり
その時には、炊事はかわってもらいたいし
退職した夫もさんざん、料理をつくった妻にかわって
調理も参加してもらいたいし
親が認知にならないように、できる料理はつくってもらいたい
(料理は順序があるので、記憶を高めるにはいい、買い物も刺激になる)

そう、家の台所はみんなに使ってもらい

それなのに、あまりにも最新式は足元のペダルで操作はいいのだが
自動センサーで水がでるのはいいのだが。調製など
年をとった親に毎回教えるのは、自分も調理をするひとも気がそげる

また、電動やICチップは、使いたいある日に壊れる運命で
修理に時間がかかる
高額な商品最新式ほど、修理でなく全部の取り替えで
ウン万円の出費になる

年金生活では、不意のおおきな出費は頭がいたいはず

それならば、自動でなく、最新でなく、普通のキッチンがいい!

人工大理石もいいが、高いシャンパングラスを石の上におくと
酔って力がはいると、なぜだかパキッと割れる・・ウン千円なのに

やはり、流しはステンレスが使う上では、食器の破損が防げる

家族のミナが使えるキッチンにすることこそ、家族が参加する笑顔の
ある家になる

ホームページはこちら
# by tsekkei_net | 2017-11-22 09:19 | 50歳からの親との二世帯 | Comments(0)

メンテナンスは保証期間が終わるとやってくる

機器は自動で機械仕掛けが多くなる
注意が必要なことがある

機械は壊れる

便利にセンサーや自動になっているほど
壊れると、全部取り替えとなる

例えばトイレ

これは便器と水を溜めるタンクさらに便座の
三つのパーツでできている
あとからつける便座も水がでるタイプのものもあり
最近はホテルでも定番となっている

しかしこれがどこか壊れる
多分電気のパーツの便座だが

ワンピースタイプだと
全部がくっついているため
便座だけ交換できない
すべて取り替えとなる

高額の製品だけに、取り替えとなると
交換費用・処分費用もあり
10万円以上となる

これも初期不良なら無料で取り替え可能だが
2年間の保証期間を超えたあたりにくる
機械の故障が問題だ

メーカー的には機械は
初期不良があっとう的におおく
2年くらいつかえれば、初期不良はなくなり
使えてれば・・大概10年くらいでまた壊れる
モーターや自動の電気機器のICチップセンサーなど
携帯を見ればわかるとうり、複雑で5年もすれば最新式が
どんどんかわるところだが・・電子の自動なんじゃらは故障しやすく
故障したら全取っ替えとなる

メーカーなどは保証期間を延ばすために
保険のつみましをするが、基本的には耐用品なので
10年すぎれば、交換するほうが良く、あまり保証を厚くかんがえても
しょうがない

台所の製品だと
レンジは電気式だろうがガスだろうが、これもチップICがあり
故障しずらいが壊れると全交換・・これも5万円以上するが
10年間から20年間のあいだに壊れるが結構長くつかえる

水道の蛇口はパッキンがだめになるが
これは数百円のものなので、これで対応できればいいが
センサー、自動のものだとチップICがあり
故障すると最新式であるものだとこれも5万円以上はする
かっこいい水道の蛇口もいいが

壊れると、困る場所、キッチン、トイレ、風呂は電子にたよらない
見慣れた蛇口と上下のレバーのものが最適!だと販売をしている人はいう

素適な家のホームページはこちら
# by tsekkei_net | 2017-11-16 11:49 | 家づくり初心者の教室 | Comments(0)

ファンヒーター燃料費用が安いのだが、眠くなるのは理由がある

寒くなると、暖房器具を出すことになる
燃料が安いのが、灯油、ガス(都市ガス)、電気(デロンギなどエアコンは除く)
の順になる。

よくあるのが、炬燵だが、膝がいたくなると
冬には登場しなくなる。炬燵にミカンがあると、団欒が思い浮かぶので
茶の間にはこの風景が似合う。

きおつけたいのが、灯油を使うファンヒーターで
室内に燃焼した空気がでてくるので、開放型ストーブと呼ばれている

使うとき、よくウトウトする。温かいからかなと思うと
燃焼空気のCO2のガス濃度が高くなるからウトウトする

大丈夫だと大概の人が思うのだが、そんな方にはC02の計測機器があり
1000PPM以上になると眠気を誘うそうで
暖かさでウトウトしているのではなく、
CO2の濃度があがってウトウトしている事を知る

2500PPM以上だと健康に害があるレベルだと
表示される

ファンヒーターを使うとすぐに2500PPMを超えるので
やはりこれは安い燃料費だが使わないほうがいいのだと確信する

灯油を買い付ける20Lのポリタンクは女性には重たい
灯油がきれた寒い朝に、給油をしなければいけないのだから
これも大変な事である。

エアコンは可動している時は、電気代はそれほどかからない
スイッチをいれて、モーターが回るときに大きな電気がかかる
買って5年ぐらいので製品であれば、ランニングコストは
かなり少なく灯油なみだといってもいい
使い方、一度スイッチをいれたら、留守の時でも可動させておく
このことさえ知っていれば、思いポリを寒い朝に運びいれなくてもよくなる

マキストーブは若い男の建て主に人気があるが
使うのはいいのだが
マキをDIYで購入すると一束500円から600円かかる
毎日使うと電気・ガス・の高熱費に加算してマキストーブの燃料費用が
1万円から2万円加わる
ローンもあるので、夏にマキの手当ができて、
買わないでいいアウトサイダーにはお勧めだが、にわかワイルドだと
燃料費用がボディブローのように効いてくるかもしれない


バランスの取れた暖房、床下エアコンは簡単 ホームページはこちら
# by tsekkei_net | 2017-11-15 10:40 | 介護住宅 | Comments(0)