親との同居をするとき、認知の話がアトサキで考える、コツは認知は治るを知ること

同居を考える時、必要なことがある
今は元気だが、「親との同居認知についてアトサキで考える、ツボは認知は直る」
という事を知ること

ネタ本は
「認知症は水で治る」竹内孝仁さんと田原総一郎さんの対談型式の本
要約すれば、認知の症状と水を飲まないで体内の水分足りない症状とは
似ていることが多く、体重の5%つまり
60キロの体重であれば、半分が水として30キロの5% 1.5リットル
の水が人間は必要なのだが、水を忘れると
夜になると興奮状態になる
新しい環境になじめない
「わらない」という認知の症状が強くでる
状況にむかって挑んでいる
身も心も現実から離れてしまう
その人の古きよき時代にもどってしまう
このような症状は認知ではなく、水分が足りないことで、発症するが
水分を適度に飲ませれば、症状は治る
f0057011_9501914.jpg

つまりは、親との同居を計画して
6畳の部屋にクーラーとテレビをおいて
炬燵の番人をさせて、閉じ込めることになると
水分がたりなく、認知症の症状がでることなる間取りとなる
子供が共働きであることが多い最近では、こんな環境では
認知と判断されて、特別老人ホーム行きとなる
介護料も20万から30万円かかるので、わざわざ一人で暮らしている
親を子供が心配していて、閉じ込め同居をさせるなら、まだ一人で
自分の生活を送っているほうがいいかもしれない。

ここからが肝心で、同居の間取りとして
簡単なようだが、年寄りに水を飲ませるのは、簡単ではない
普段から、家の人と同じような生活をして、食事はもちろんだが
10時、3時などことあるごとに、饅頭とお茶を飲む習慣があれば
ことたりるが、人の中にいないで孤立していると・・時間の問題となる
若くても若年認知もあるので、同居させるなら
「認知は水で治る」その人の輪の中で暮らすことを実践することが、健康に暮らす二世帯になる

ホームページはこちら
√ 営業・活動エリア
静岡県内
西部地区
浜松市(北区・西区・中区・南区) 磐田市 掛川市 袋井市 湖西市 御前崎市 菊川市 森町 新居市 湖西市
中部地区 
静岡市 焼津市 岡部町 島田市 大井川町 吉田町 川根本町  藤枝市 袋井市 掛川市 御前崎市  
東部地区
芝川町 富士市 富士宮市 裾野市 沼津市 三島市 伊豆の国市 伊豆市 下田市
山梨県内
甲府市・勝沼市・韮崎市・中富市・南部市・上九一色市・河口湖・山中市
by tsekkei_net | 2017-02-19 09:46 | 親との同居のツボ!認知は直る | Comments(0)
<< 家の大きさと実際の生活、トイレ... 土地を見に行くとき・・ツボは雨... >>