地震はどこにでも来る、熊本地震でも耐えるように耐震性能をあげる

熊本県は地震予想だと、予想されなかったところ。
だけど地震はくる。
静岡県はクルと言われているが、幸運なのか地震はこない

地震予想も始めて38年になるそうだが
一度も予想があたったコトはない。

日本ではどこでも地震は来る!と思った方が良い

熊本地震でどうしてあんなに倒れたのか建築雑誌では
解説が始まっている。

住宅は二階建ての場合、一階より二階を一回り
小さく建てる方が、姿形がまとまる・・一階と二階の壁の位置がずれるのだが・・
この形だと、一階が倒壊した建物が多かったのは事実!
二階の壁の下に壁がないと、耐震性能が予定の性能を発揮できない・・ことが多いのだ

また外壁にある耐震の性能は、筋違が入っていなくても、計算上考慮できる・・皆そうしている
が、熊本地震では、あとから・・最初の余震とよばれた大きな地震がきて
もうこないと言われて、戻った人が、次にきた地震で一階が倒壊して亡くなった。

一回目の地震で、1階の筋違がない部分が四方やぶれて
二回目の地震で、1階の筋違のあるところが倒壊して→一階の柱が折れ→一階が倒壊した

建築基準法の1.5倍程度のある建物でも、想定外の地震では
総二階でない、二階建ての倒壊い。
軟弱な地盤で揺れが長く、二回以上あったことで、上のような工程で一階がつぶれた。

毎回、災害がおこると、建築基準法がその災害をさける為に
法令を強化する。イタチごっこ!

どこでもくる地震のある日本だからこそ
耐震はしっかりと、間取りの時から、地震想定のバランスを見ながら
計画をすることが肝心といえる。

ホームページはこちら


静岡県対応エリア
全域
静岡市・島田市・焼津市・袋井市・掛川市・御前崎市・菊川市・牧之原市・岡部町・大井川町
吉田町・川根町・芝川町・富士市・富士宮市・沼津市・湖西市・浜松市(北区・西区・中区・南区) 伊豆
湖西市・鷲津
愛知県対応エリア
豊橋市・新城市
山梨県対応エリア
身延町
神奈川県対応エリア
箱根・小田原

県外対応可能です。他のエリアはご相談ください→tsekkeiへ無料相談
by tsekkei_net | 2016-10-28 09:14 | 家づくり初心者の教室 | Comments(0)
<< 中庭の間取り その一 三世帯の... 資産価値が下がらない中古からの... >>