木造の家はあったまり易くて冷めやすい。床下のコンクリートに蓄熱させて、空気で熱を送ると床暖房になる

大きな太陽が入ってくれば、温度が上がって温かくなる
アタリ前だが、太陽の日差しがなくなると、アタリ前だが、寒くなる

自然なのだが・・

暖かさを家の中に溜めておけば、深夜にも温かくなるのだが

寝床に入れる湯たんぽみたいなものだ

水は比熱が高いので、暖まると熱を蓄えることができるが
実際に使うと、夏など結露してカビが生えるので、カビ臭くなって使えない。

比熱が高いものを他に捜すと、基礎のコンクリートがある

だが、これは腐らないように地面下から支える部分だが、

実際は蓄熱もしている部分、空気に触れるところを断熱材で
補強して使うと、地面のしたの温度は年中変わらないので
熱の蓄熱に使える部分になる。

屋根で暖かい空気をユカしたにパイプで送る、OMソーラーハウスも
同じような原理で、床暖房している。
OMソーラーは階段下あたりに、ファンコイル暖房を隠してあって
雨や曇りなど、屋根の熱を床下に十分におくれないときに
使う機械がユカ下にある

床下エアコンは、この床下の機械をエアコンに同じ効果をもたせて
床下に吹き出している構造となる
空気をユカしたに吹き出して、蓄熱させることで
床暖房している。

原理は両方とも床下のコンクリートに蓄熱させて、空気で熱を送っていることは
同じである。

値段はOMソーラーだと100万円くらいパーツ代がかかるが
床下エアコンはエアコンを転用しているので、エアコンがついている家なら
差額はないことになる

*************************************
by tsekkei_net | 2016-04-01 14:35 | 家づくり初心者の教室 | Comments(0)
<< 太陽光の価格が2019年には二... 自由な間取りでつくる木造の家 >>