「できたらでいいですが」・・親と同居は将来の家づくりの最後の要望?

子供が家づくりをするとき、話の最後のあたりから、

「将来なんですけれど」・・・と、話が始まることがある。

一部屋に親と同居するときがあれば、親の住まいに変わる部屋が
欲しい
または、庭の敷地に猶予があれば、「増築して一緒に住めますか」
と始まる・・「できたらでいいですが」・・と隠れた要望になることが多い。

間取りはかなり、つめた段階で、最後の話だと、
まさかの時の使える部屋として、考えておくか
増築対応での一部屋増築案での検討でか
話は進まない。

もしも、家づくりの前に少しも親と将来のコミュニケーションがあるのなら
土地購入から、間取りはガラリと変わることになるのは、間違いがない!

「相続に対する親子の意識調査」からみると
f0057011_11241945.jpg

親の51%は「子供の住宅資金を援助したい」と回答しているという


相続の面でも、同居をしていると・・相続の時に控除が多くなり
親が無くなる時に、5000万円+1000万円x人数の金額は
六掛けになり3000万円+600万円x人数とるという構図で
ただ単に相続のお金の話でなく、

孫を見に娘のまたは、息子の家に口実をつけては
遊びにきたい祖父母も多いのは事実。

現在は家は親と子は別に住んでいるのだが
離れのような、部屋を持つ中庭住宅の家を
つくり、ちょっと将来に対して、対応していきたいと
いうので、あると、親の対応はガラリと違うだろう

片親が亡くなったり、将来、老後になって
少しでも、体がおかしくなれば、お金が多少おおくても
将来は、特別老人ホームで暮らすことしか
今のシニアの老後の生活がないのである。

もし、すこし子世帯に最初から離れがあるような
家をつくるのことで、援助をして
子育てが終わる前にも、遊びに行って暮らす場所や
子供部屋の隣に一時的に同居してもいいいとか

普通は嫁と姑など、同居すると家族のバランスや
力関係など、考えると主荷になり、通常の間取りでは
話ができないことも、離れを造って
転用していく、そんな話から、相続や住宅資金の
援助と話が進むことで、

子供世帯は、住宅資金に親世帯の援助により余裕が
できてくるし
親世帯は
老後の生き方の選択が
親世帯にも増えていくメリットがある。

子世帯と老後の親世帯が、中庭を挟んで
暮らす中庭住宅をぜひ
考えても良いと思う。
f0057011_1243992.jpg

この中庭住宅の型式は
嫁の父・母
夫の父・母
孫が小さい時_面倒を見る
孫が大きくなり_個室を欲しい
孫が巣立って_部屋があき_父・母が入る
など家族の時間の流れのなかで
いくらでもバリエーションが可能になる。
f0057011_1358112.jpg


いまままで、家は息子・娘と夫妻の四人の
家族が一単位で家をつくる・・だけど
家を造ったあと、家族の人数が変わるとき
部屋さえあれば、家族の生活や家族感の
バランスはどうにでもなったのか

我慢なんて、そんなに長くは続かない!

最初から、その家族の流れの時間を
考えて、造る家ずくりもあるはずだ。

家は今消費材になって
家族四人が住む手頃な購入するかどうか
を刺激する、消費材になっている。

家は長く使う・・時代で皆が使う

少しでも安くて、大きい家を買う
家は大味になっていく、子供が子供部屋として使うのは
高校の三年ぐらい、あとは近くに大学に進学すれば
部屋は使われるが、都心に進学して、大手の会社に
はいれば、二階の子供室は使われない。
子供室は三年使われれば、あとは子供のメモリアルか
物いれになっていまう。

ちょっと小さくてもしっかり使える
平屋の中庭の家、家づくりする方は
最初に、親との将来も相談して
始まることも大事ですね

ぜひそんな方に見に来ませんか

そんな中庭見学会は
見学できます。
ホームページはこちら


静岡県対応エリア
全域
静岡市・島田市・焼津市・袋井市・掛川市・御前崎市・菊川市・牧之原市・岡部町・大井川町
吉田町・川根町・芝川町・富士市・富士宮市・沼津市・湖西市・浜松市(北区・西区・中区・南区) 伊豆
湖西市・鷲津
愛知県対応エリア
豊橋市・新城市
山梨県対応エリア
身延町
神奈川県対応エリア
箱根・小田原

県外対応可能です。他のエリアはご相談ください→
by tsekkei_net | 2016-10-28 13:06 | 二世帯の間取り | Comments(0)
<< ダイニングの椅子は、家族が皆同... 広い家をつくるコツ! >>