暑さをしのぐ パッシブな工夫 おさらい

暑い夏ですね、お盆を過ぎると、毎年落ち着いてくる暑さですが

今年は台風で暑さが飛ばされてよさそうですが、大雨が困ります。

また台風が過ぎると暑さがぶり変えるでしょうから、暑さをしのぐパッシブな工夫

打ち水もいいですが、この暑さは効かないくらい暑いですね

日中南側に道路がある家は、アスファルトが日中40度を超えますので
日中は南側の窓は閉める工夫

エアコンもつけないと、熱中症が恐いですね
エアコンはつけたら、日中つけっぱなしがコツです。
付けたり消したりする電気代と付けっぱなしのコストは変わらないのです。
電気を入れて立ち上がる時、エアコンは電気代コストが上がるのです。
エアコンは付けっぱなしがコツ!

また扇風機をエアコンの前に置いて
家の空気を巡回させる手助けをするのもコツです。
ないかたは、エアコンの送風は最大で使いましょう。
エアコンの送風は最大出力で使うのがコツ!

さいきんは断熱に注意して家が多いですね

日中熱が家にはいり、2000年前に立てた家なら、夜になりその熱が
夜中に外部に逃げますが、断熱気密がきいていると
こうはいきません。
9時すぎに窓を全開して、放射冷却の夜の風を入れてください
家の温度が下がります。冷たい冷気を十分に家に溜めてから
朝を迎えることあが、断熱の家の良い家のパッシブのコツです!

まだ暑い夏が続きます。パッシブの工夫で乗り切りましょう。!
# by tsekkei_net | 2016-08-23 06:53 | パッシブデザイン | Trackback | Comments(0)

終の住処

終の住処は
これから、楽しく人生を暮らす家
我慢はしなくて、快適に暮らす
人が立ち寄り、話てくれるような素敵なインテリア
f0057011_6361291.jpg

f0057011_6364169.jpg

f0057011_6373399.jpg

f0057011_6462649.jpg

f0057011_6374827.jpg

f0057011_6435338.jpg

f0057011_6442062.jpg

# by tsekkei_net | 2016-07-29 06:39 | 1.5階の素敵なDENの家 | Trackback | Comments(0)

床下エアコン設置・・良い感じ!8畳エアコンで25坪使える

シニアの建て主が灯油をお使いで
冬に20キロの灯油を運ぶなら、床下エアコン使いませんか?と採用していただいた。

高断熱高気密を2000年から採用して、計画の家はQ値1.9W/m2

静岡では一つ上の高気密の性能!ハウスメーカーでは基準ギリギリだからQ値2.7W/m2アタリだろうが
北陸地域の基準を採用している。さらには、基礎断熱でユカシタにエアコンを吹き出して
基礎への蓄熱、冬期床暖房をしようという、床下エアコン!

L型の間取(通常は効率がいい四角の間取りだが・・)を敷地形状で採用したため
2カ所にユカしたエアコン仕様を計画した。

試しに吹き出したが、問題なく他の部屋でも、手で感じる。基礎の床裏の気密も旨くいっているようだ

今回の床下エアコンは、イレイ式の床に扉がある型式

暖房には扉を開けて、暖気を床裏(床下のことを最近床裏と呼ぶ)
冷房には扉をしめて、冷気を室内にいれるタイプ

本日も暑い日だが、25坪で8畳み一台で冷房は問題ないと実感
計算上は外気40度で室内27度にするには、断熱がいいので6畳用一台で
能力は足りる!

最近見かける低燃費住宅と同じ以上の断熱性能!

これも分離発注建てる家なので、ハイスペックな住宅を、コストを下げてつくることに
成功している。

f0057011_19401762.jpg

f0057011_19412632.jpg

f0057011_19413827.jpg

# by tsekkei_net | 2016-07-14 19:42 | 床下エアコン | Trackback | Comments(0)

床下エアコン設置・・良い感じ!8畳エアコンで25坪使える

シニアの建て主が灯油をお使いで
冬に20キロの灯油を運ぶなら、床下エアコン使いませんか?と採用していただいた。

高断熱高気密を2000年から採用して、計画の家はQ値1.9W/m2

静岡では一つ上の高気密の性能!ハウスメーカーでは基準ギリギリだからQ値2.7W/m2アタリだろうが
北陸地域の基準を採用している。さらには、基礎断熱でユカシタにエアコンを吹き出して
基礎への蓄熱、冬期床暖房をしようという、床下エアコン!

L型の間取(通常は効率がいい四角の間取りだが・・)を敷地形状で採用したため
2カ所にユカしたエアコン仕様を計画した。

試しに吹き出したが、問題なく他の部屋でも、手で感じる。基礎の床裏の気密も旨くいっているようだ

今回の床下エアコンは、イレイ式の床に扉がある型式

暖房には扉を開けて、暖気を床裏(床下のことを最近床裏と呼ぶ)
冷房には扉をしめて、冷気を室内にいれるタイプ

本日も暑い日だが、25坪で8畳み一台で冷房は問題ないと実感
計算上は外気40度で室内27度にするには、断熱がいいので6畳用一台で
能力は足りる!

最近見かける低燃費住宅と同じ以上の断熱性能!

これも分離発注建てる家なので、ハイスペックな住宅を、コストを下げてつくることに
成功している。

f0057011_19401762.jpg

f0057011_19412632.jpg

f0057011_19413827.jpg

# by tsekkei_net | 2016-07-14 19:42 | 床下エアコン | Trackback | Comments(0)

地震はどこにでも来る、熊本地震でも耐えるように耐震性能をあげる

熊本県は地震予想だと、予想されなかったところ。
だけど地震はくる。
静岡県はクルと言われているが、幸運なのか地震はこない

地震予想も始めて38年になるそうだが
一度も予想があたったコトはない。

日本ではどこでも地震は来る!と思った方が良い

熊本地震でどうしてあんなに倒れたのか建築雑誌では
解説が始まっている。

住宅は二階建ての場合、一階より二階を一回り
小さく建てる方が、姿形がまとまる・・一階と二階の壁の位置がずれるのだが・・
この形だと、一階が倒壊した建物が多かったのは事実!
二階の壁の下に壁がないと、耐震性能が予定の性能を発揮できない・・ことが多いのだ

また外壁にある耐震の性能は、筋違が入っていなくても、計算上考慮できる・・皆そうしている
が、熊本地震では、あとから・・最初の余震とよばれた大きな地震がきて
もうこないと言われて、戻った人が、次にきた地震で一階が倒壊して亡くなった。

一回目の地震で、1階の筋違がない部分が四方やぶれて
二回目の地震で、1階の筋違のあるところが倒壊して→一階の柱が折れ→一階が倒壊した

建築基準法の1.5倍程度のある建物でも、想定外の地震では
総二階でない、二階建ての倒壊い。
軟弱な地盤で揺れが長く、二回以上あったことで、上のような工程で一階がつぶれた。

毎回、災害がおこると、建築基準法がその災害をさける為に
法令を強化する。イタチごっこ!

どこでもくる地震のある日本だからこそ
耐震はしっかりと、間取りの時から、地震想定のバランスを見ながら
計画をすることが肝心といえる。

^*************************************
*************************************
木の家が得意な設計事務所***************

T設計室一級建築士事務

tsekkei 054-354-0182
tsekkei ホームページ
√ 営業・活動エリア
【】静岡県】全域
設計活動
【全国】全域
# by tsekkei_net | 2016-06-21 11:23 | ちょっと上耐震性能・断熱性能 | Trackback | Comments(0)